私たちは、通所系サービスを中心に介護・看護に携わる方のワンランク上のスキルアップをお手伝いいたします

snsやYouTubeでも情報配信中
facebook
twitter
insta
youtube
メール会員登録

四大認知症

2023.03.15

認知症は「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」「前頭側頭型認知症」の4つが代表的なもので、これらを総じて「四大認知症」と言います。

脳に障害が起こっている部分の違いから、それぞれ異なる症状が現れます。


■アルツハイマー型認知症

特殊なたんぱく質(アミロイドβ、タウ)がたまることによる神経細胞の破壊が原因で起こる

【特徴・症状】

・四大認知症の中で最も罹患率が高い(男女比では女性のほうが高い)

・発症年齢は幅広いが、高齢になるほど発症率が高い

・病識(自分が病気であるという認識)がない

・運動機能は比較的重度になるまで保たれる

・もの忘れ、見当識障害、実行機能障害がみられる(もの盗られ妄想、失認・失行、行方不明などの行動として現れる)


■脳血管性認知症

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害が原因で起こる

【特徴・症状】

・脳血管障害を起こすたびに認知障害が悪化する。障害されていない部分の機能は正常であるため、「まだら認知症」とも言う

・片麻痺や半側空間無視がある

・意欲が衰退し、自発性が低下する

・思考や反応、行動がゆっくりになる

・怒りっぽくなったり、涙もろくなったりと感情の振り幅が激しくなる


■レビー小体型認知症

大脳や脳幹に「レビー小体」というたんぱく質がたまり、脳が委縮することで起こる

【特徴・症状】

・幻視・幻聴がある

・パーキンソン症状(筋強剛、仮面様顔貌、動作緩慢、すり足歩行など)がみられる

・レム睡眠行動障害(大声で寝言を言う、手足をバタバタ動かすなど)がみられる

・自律神経障害(起立性低血圧、多汗など)がある

・薬剤過敏性がある

・調子の良いときと悪いときがあり、症状が出ないこともあるため診断が難しい


■前頭側頭型認知症

前頭葉と側頭葉の萎縮によって起こる。ピック病、運動ニューロン疾患、前頭葉変性症なども含まれる

【特徴・症状】

・初老期の発症が多く10年ほどかけて緩やかに進行する

・初期から行動を自制する力が失われ、社会的な対人関係が破たんする(反社会的行動)

・相手への思いやりや配慮ができなくなる(情動の欠如)

・同じ時間に同じ行動を繰り返す(常同行動)

・場所や空間の見当識は比較的保たれている

・甘いものを好むようになる


【情報提供元】

認知症ケア各種療法

https://dayshop.biz/item/detail/2174.html


【学ぶ】

■実践!認知症ケア研修会2023

https://tsuusho.com/dementia

■デイの基準と運営指導・監査対応セミナー

https://tsuusho.com/standard

■【オンライン配信】2024年介護報酬改定の影響と対応

https://tsuusho.com/special_ondemand

■デイの管理者養成講座&運営改善講座

https://tsuusho.com/manager

■介護制度と報酬改定への対策&デイサービス見学会

https://www.tsuusho.com/ds_tour

■デイ運営特別セミナー

https://www.tsuusho.com/special

■【オンライン講座】PEAPに基づくご利用者を取り巻く施設環境づくり

https://tsuusho.com/lp_creating_an_environment

■第19回日本通所ケア研究大会セミナーDVD

https://tsuusho.com/conferencedvd

おススメのサイト一覧

ケアカルテ
NDソフト
プラス
帳速

学べる研修一覧

全国巡回
介護経営シンポジウム
認知症ケア2024
介護事業運営3日間
ほんとうの自立支援ってなに
ケアマネオンラインセミナー
【オンライン】環境づくり
【オンライン】リハビリ90講座
大会DVD
ページトップ ▲