基準違反・誤請求・不正請求は発覚してからでは遅い!
知らなかったでは通用しない!

セミナー内容のご紹介

1. 指導・監査とは

2. 今年度の重要指導事項

3. 指導・監査の動向

4. 最近の取り消し・返金事例の動向

5. 指導・監査で準備する書類

6. 介護共通の運営基準

(1)人員の考え方、勤務体制の考え方

(2)施設・設備の共有・共用について

7. 制度がデイに求めていること

8. 通所介護の施設基準

(1)指導・監査上のポイント

(2)忘れやすい設備・書類

9. 通所介護の人員基準

(1)管理者・生活相談員・看護職・介護職・機能訓練指導員について

(2)指導・監査上のポイント

10. 基本的運営でのポイント

(1)通所介護計画書でのポイント

(2)活動上のポイント

11. 各種加算算定でのポイント

(1)個別機能訓練加算

(2)認知症加算

(3)中重度加算

(4)栄養スクリーニング加算

(5)栄養改善加算

(6)口腔機能向上加算

(7)ADL維持等加算

(8)その他、加算・減算でのポイント

12. その他指導・監査での重要事項

(1)個人記録とデイの記録

13. 各種法律での調査ポイント

(1)消防法

(2)道路交通法

(3)労働関係法規 他

14. 返還金が発生した指導・監査での対応事例

15. その他、指導・監査でのポイント

セミナー内容のご紹介

日 時:

(大阪)2018年10月20日(土)・21日(日)10:00〜15:00

会 場:

(大阪)新大阪丸ビル新館(JR「新大阪駅」東口より徒歩3分)

受講料:

28,000円(税・資料代込み)

その他:

1日のみの参加不可
※2日間のうち、同一法人に限り参加者変更OK

講師紹介

妹尾 弘幸 (せお ひろゆき)

・株式会社QOLサービス 代表取締役

・早稲田大学 元非常勤講師

・理学療法士

・介護福祉士

川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士勤務の傍ら有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門「多機能地域ケアホームありがとう」を開設。現在は株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「介護の経営と運営」などの定期購読誌を発行する傍ら、介護現場での臨床実践・研究なども精力的に行っている。

主催:日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641