介護のリハビリケア研修会
リハビリ効果を向上させる連携強化

平成30年度の医療と介護の同時改定では、地域包括ケアシステムの構築に向けて医療と介護の連携推進がキーワードとなり、大きなテーマの一つとして「リハビリテーションにおける医療介護連携の推進」が盛り込まれました。これは医療でのリハビリテーションと介護でのリハビリテーションの双方が専門性の高いサービスを提供し、高い次元での連携が求められているということを意味しています。そのためには介護現場のリハビリ専門職は介護現場のことだけでなく、医師や医療現場のリハ職と連携し医療から移行してくる利用者に最適なリハビリテーションを提供しなければ何も変わりません。「軽度者の改善ができない」「重症な患者・利用者には対応できない」というリハビリ専門職では事業者が今後淘汰されていきます。この研修会では、医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士が、地域に必要とされる生活期リハ拠点でのADL・IADLの回復、活動と参加につながる実践的リハビリアプローチ、医療・介護の連携力を高める人材育成・マネジメント手法などを講義と実技でお伝えいたします。

セラピスト機能訓練指導員の「今、知りたい」が学べる

医療・介護同時改定後のリハ部門のマネジメントはこのままで大丈夫?

通所リハが通所介護との差別化を図るためにすべきことって何!?

リハ職に求められている専門性って何!?

ご利用者に効果を実感してもらうためには、どうすれば良いの!?

詳細をみる
参加をする
研修会の開催概要
座学と実技で学んでいただきます
日 時:

【大阪会場】2018年8月19日(日)10:00~17:00 
【東京会場】2018年9月16日(日)10:00~17:00

場 所:

【大阪会場】マイドームおおさか(大阪府大阪市中央区本町橋2-5)
【東京会場】TEPIA(東京都港区北青山2-8-44)

参加費:

12,500円(税・資料代込み)

講 師:

・中道 哲郎氏(ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者)
・光田 尚代氏(医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長)
・生野 達也氏(一般社団法人動きのコツ協会 代表理事)
・野田 和美氏(NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師)

その他:

・各時間帯でご自由に分科会を選択いただけます

詳細をみる
詳細をみる
知っておくべき考え方やツールの提示ですぐに実践

リハビリ部門、セラピストが専門性を発揮するためのヒントが盛りだくさん学べる12の分科会

機能訓練の質を上げるプログラムの実践
生活機能の総合的な向上の実践
効果のある認知症リハ・訓練
新しいプログラムのヒント
三方良しのマネジメントと人材育成
中道哲郎
中道 哲郎

ひかりメディカルグループ
リハビリテーション部門
統括責任者/理学療法士

分科会(1)10:00~12:00

2018年医療と介護同時改定に対する取り組み
・回復期リハ病棟、老健施設の在宅復帰対応
・アウトカムを高める
・通所リハ、訪問リハ、通所介護での対応の変化と工夫

今回の医療・介護同時改定後のそれぞれのステージでのリハビリ部門のセラピストの働き方の変化と、医療・介護それぞれの制度が求めるサービスごとのキーワードを基に成果を上げるための取り組みの工夫についてお伝えいたします。

【当日の内容】

・回復期リハビリテーション改定に対するセラピストの働き方の変化
・新規患者を獲得するための方法
・療養病棟入院患者の在宅復帰の促進
・老人保健施設の改定対応
・通所リハの減算対応と社会参加の促進
・訪問リハの位置づけの変化への対応
・半日通所介護での工夫
・グループ間連携例の提示 など

分科会(5)13:00~15:00

リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携
リハビリ部門のマネジメントと人材育成①

地域に密着し、住民に信頼されるコンビニのように便利な病院・介護施設を理念に運営をしている、ひかりメディカルグループの医療・介護連携の実践事例・人材マネジメントから生かせるヒントを多く学びます。

【当日行う予定の内容】

・組織として何を実現するか
・インターナルマーケティングの重要性
・セラピストの残業時間減少対策
・インセンティブ制度の紹介 など

分科会(9)15:15~17:00

リハビリ部門のグループ拠点間での医療・介護連携
リハビリ部門のマネジメントと人材育成②

地域に密着し、住民に信頼されるコンビニのように便利な病院・介護施設を理念に運営をしている、ひかりメディカルグループの医療・介護連携の実践事例・人材マネジメントから生かせるヒントを多く学びます。

【当日行う予定の内容】

・モチベーションマネジメントへの取り組み
・目標設定による人材育成
・採用基準と不採用基準
・個人のビジョンと組織目標のマッチング事例の紹介 など

講師情報をみる
参加をする
多職種連携での効果的なプログラム
光田尚代
光田 尚代

医療法人寿山会
喜馬病院リハビリテーション部 課長
理学療法士

分科会(2)10:00~12:00

デイケア運営①
新規利用者確保と加算算定

新規利用者確保のためには、自施設のサービスの特徴、コンセプトを明確にし、PRすることから始まります。医療法人寿山会では併設の病院(回復期・急性期・地域包括ケア・外来リハ)や訪問リハ、入所からの移行を含め、同時改定後にらためてインターナルマーケティングを行い、外部に向けたエクスターナルマーケティングへと発展するように進めています。また、リハビリテーションマネジメント加算の工夫として実践している医師との連携をより強化するためのシステムづくりをご紹介いたします。

【当日の内容】

・新規利用者確保のための工夫
・リハマネ加算Ⅱ・Ⅲ算定の工夫
・リハ会議の効率的・効果的な開催
・リハ職からご利用者への説明のポイント など

分科会(6)13:00~15:00

デイケア運営②
短時間デイケアと長時間デイケアのメリット・デメリット

短時間デイケア、長時間デイケア共にメリット・デメリットはありますが、必要な視点としては、自施設にとってのメリットとなる仕組みとして「どちらかに絞る」「両方とも生かす」です。デメリットを解決するのか、もしくは他のサービスの加算との兼ね合いで運営を見ていくのか、参加者の皆様とより効率的かつ効果的な運営のヒントを探ります。

【当日行う予定の内容】

・短時間デイケアと長時間デイケアのメリット・デメリット
・グループワーク
・短時間デイケアへの移行に必要なこと
・当施設の短時間デイケアと長時間デイケアにおける事例 など

分科会(10)15:15~17:00

デイサービス、デイケアのリハ職のあり方

通所系サービスにおけるリハビリ職の在り方は、今後ますます求められることが多くなることが予想されます。在宅生活を支援し介護状態を悪化させず、機能維持・向上のためのリハビリ職の在り方とサービスの質向上につながるリハ職の在り方をお伝えいたします。

【当日行う予定の内容】

・通所系サービスのリハ職に求められること
・当施設での介護士によるグループリハビリと個別リハビリ
(リハビリテーションマネジメント加算Ⅲのサービスとしての展開)
・目標達成のための自主練習の提案 など

講師情報をみる
参加をする
改善の可能性に寄り添うリハビリ
生野 達也

一般社団法人動きのコツ協会
代表理事/理学療法士

分科会(3)10:00~12:00

歩行の限界に挑戦!
・歩行可否の判断の仕方
・歩行困難事例をいかに歩行可能にするか

さまざまな疾患により立位は可能だが歩けない、歩くことに不安があるという方へどうアプローチをしてしていけばよいのか、またどんなトレーニングが適しているのか。歩行障害に関する対応とリハビリアプローチの工夫についてお伝えいたします。

【当日の内容】

・歩行の運動学習メカニズム
・歩行可否の判断のポイント
・歩行困難事例の評価のポイント(実技)
・歩行困難事例のアプローチのポイント(実技) など

分科会(7)13:00~15:00

慢性片麻痺の方へのアプローチと効果の出し方

麻痺による運動障害の原因となる誤った脳内の運動プログラムを修正するために、セラピストは援助によって正しい動きの意識をアドバイスできないといけません。歩行能力向上へ向けた片麻痺の方の日常生活動作へのアプローチのコツ学んでいただきます。

【当日行う予定の内容】

・慢性期片麻痺の方における歩行困難事例の特徴
・慢性期片麻痺の方への効果につなげるため脳科学
・慢性期片麻痺の方の効果につなげる評価のポイント(実技)
・慢性期片麻痺の方の効果につなげるアプローチのポイント(実技) など

分科会(11)15:15~17:00

パーキンソン病症候群へのアプローチ
・無動、すくみ足、姿勢制御異常などへのアプローチ
・口腔、嚥下、呼吸へのアプローチ・ADL、IADL改善へのアプローチ
・歩行困難事例をいかに歩行可能にするか

パーキンソン病の基礎知識を解説した上で、具体的な介助方法を実技中心に学びます。決して学校では習わないご利用者への「アプローチのコツ」を見つけるための具体的な実技を体験していただきます。

【当日行う予定の内容】

・パーキンソン病症候群の脳科学
・無動、すくみ足、姿勢制御異常の評価とアプローチのポイント(実技)
・口腔、嚥下、呼吸の評価とアプローチのポイント(実技)
・ADL,IADL改善の評価とアプローチのポイント など

講師情報をみる
参加をする
生活場面での活動を広げる関わり方
野田 和美

NPO法人日本介護福祉教育研修機構
認定講師/理学療法士

分科会(4)10:00~12:00

ADL・IADLを改善する福祉用具、自助具などの工夫
・福祉用具、自助具、道具を使ったトレーニングの工夫
・やる気のない人のやる気を出す工夫

この分科会では、対象のご利用者に必要なADL・IADLの分析から日常生活場面での活動と参加を高めるために必要なリハビリテーションの視点の持ち方を福祉用具や自助具の工夫から学びます。

【当日の内容】

・スクリーニング、優先順位の決定
・在宅アセスメント、実際の動作チェック
・模擬トレーニング、実践的トレーニングにおける道具活用の工夫
・環境改善と福祉用具活用による自立支援と自主トレーニングへ移行 など

分科会(8)13:00~15:00

慢性疼痛を持つ方へのリハビリアプローチ
・運動器に痛みがある方へのアプローチ
・痛みから起こる抑うつ状態の強い方へのアプローチ
・中枢疾患系の痛みがある方へのアプローチ

慢性的な痛みを持たれている高齢者は介護現場に多いはずです。また、各種疾患の後遺症での痛みなどその疾患名もさまざまです。この分科会では運動器、中枢疾患の痛みがある方へのアプローチに焦点を当て、その痛みから起こるやる気のなさや抑うつ傾向の方への対応を学びます。

【当日行う予定の内容】

・痛みの理解と共感
・痛みの評価(アプローチできる痛みかどうか)
・痛みに固執しやすい方の特徴と対処法
・ご利用者と共に痛みの分析、痛みからの脱却 など

分科会(12)15:15~17:00

ワンランク上のシーティング技術

よい姿勢づくりは、生活場面での活動を広げ、褥瘡や拘縮悪化を予防する大切なケア技術の一つです。適切なシーティングには、ご利用者の体の特徴や生活場面に必要な姿勢を判断する視点が必要です。この分科会では、シーティングに必要な動作分析の視点から日常生活場面での活動を高めるためのシーティング技術までを学びます。

【当日行う予定の内容】

・中重度の方へのシーティング
・認知症のある方へのシーティング
・疾患別シーティング
・シーティングとフィッティング など

講師情報をみる
参加をする
講師紹介

講師は医療・介護の現場実践・マネジメントに精通した4名の理学療法士

講師:中道 哲郎

講師:光田 尚代

講師:生野 達也

講師:野田 和美

ココに注目

リハビリテーション部門のマネジメント

【講師プロフィール】

中道 哲郎(なかみち てつろう)

・ひかりメディカルグループリハビリテーション部門 統括責任者 ・理学療法士

和歌山県出身。ひかりメディカルグループに勤務し病院、老健、特養等、15施設のリハビリテーション部の管理、運営と臨床業務を行っている。現在は、2018年の医療介護の同時改定、2025年の地域包括ケアシステムにおいて、各地域でのリハビリテーション部の使命を果たすため、グループ拠点間での医介連携、人材育成に精力的に取り組んでいる。

今回の同時改定における医療・介護双方のリハ職における関わりの変化
医療、介護両分野において、量から質の時代に変わりました。回復期リハ病棟ではリハビリテーション充実加算が廃止され、アウトカムでの評価となり、老健でも在宅復帰が求められました。通所リハや訪問リハも継続できるサービスではなく、基本的には卒業を目標とすることが、その使命として位置づけられました。セラピストとしては、これまで以上に短期間、短時間で結果が出せるスキルと、次に繋げるコミュニケーション能力が益々必要になりました。
今後求められるリハ職のあるべき姿
医療介護の改定や地域医療構想等により、近い将来、病院で勤務できるセラピストは減少すると考えられます。また現在、訪問看護ステーションは給与基準が高く転職先として人気がありますが、今回の改定を受けて訪問看護ステーションからの訪問リハの将来は明るくないと思います。これからのセラピストには、自分の強みを明確に持つために、常にアウトプットする習慣が必須と思います。また所属する組織に依存するのではなく、どこでも通用するスキルを身に付けることが、セラピストとして勝ち残るうえで必要と考えています。
今回の研修で一番の参加しどころ
2、3コマ目で話をさせていただく予定のマネジメントと人材育成に関するところです。改定対応は当然重要ですが、職員のモチベーションが高い状態で取り組まなければ、法人への収益が上がるだけで、患者(利用者)、職員にはメリットは少ないと考えています。マネジメントと人材育成なくして、法人、患者(利用者)、職員の三者すべてにメリットをもたらすことはできないため、その重要性についてお話ししたいと思います。
メッセージ
今回の同時改定ではアウトカム指標が導入されました。しかしながら、アウトカムの高低に影響するのは、患者(利用者)選定やベッドコントロールとなります。我々セラピストとして、今回の同時改定や2025年に向けた働き方を考えた際にどのように臨床に向き合うか、また管理者としてどのように人材育成するかを話させていただきます。
当日の内容をみる
参加をする
ココに注目

法人全体の運営や営業活動に参画しながら
入所・通所リハビリテーションのマネジメント

【講師プロフィール】

光田 尚代(みつだ ひさよ)

医療法人寿山会 喜馬病院リハビリテーション部 課長 理学療法士

大阪府出身。2004年に医療法人寿山会喜馬病院リハビリテーション部に入職。2012年より現職に従事。同法人内のリハビリテーション部は「養成校卒業後の臨床研究機関として存在したいという目標」のもと、入職間もないセラピストの育成に力を入れて取り組んでいる。現在、法人全体の運営・営業活動に参画しながら入所・通所双方のリハビリテーションマネジメントを任されている。

【活動】
・東大阪市一般介護予防事業【元気にトライ!ステップアップ教室】講師
・東大阪市介護認定審査会委員
・日本理学療法士協会生活期ワーキンググループ委員
・関西医療大学非常勤講師

同時改定後のデイケア運営での変化
リハビリテーションマネジメント加算Ⅲにおける医師との連携を強化するためのシステムづくりや、新たな栄養スクリーニング加算の算定において多職種協働で取り組みを行っています。
短時間デイケア・長時間デイケアそれぞれのメリット・デメリット
短時間デイケアでは、外来リハからの移行者やリハビリのみを集中的に行いたい方、あるいはサ高住などに入居されている方などにはサービスとしての受け入れもよく、目標達成=リハビリの効果も出しやすいですが、送迎などの運営確保が必要です。長時間デイケアでは、重度者の受け入れや、食事・排泄・入浴動作など生活動作や屋外活動におけるリハビリの効果が出しやすいですが、卒業に至るケースが少なくなる傾向もあります。
今回の研修で一番の参加しどころ
私どもは施設の強みをいかしながら、運営の効率化と工夫を行っております。今回の講演の中で、運営におけるシステムづくりや効率化のヒントになることをぜひお持ち帰り頂ければ幸いです。
メッセージ
どのような施設でありたいか、それには何が必要であるのか、日々悩まれていることも多いかと思います。その解決のヒントになることをお伝えできればと思います。
当日の内容をみる
参加をする
ココに注目

慢性期片麻痺の方の「改善を諦めない想い」に寄り添い続ける

【講師プロフィール】

生野 達也(いくの たつや)

一般社団法人動きのコツ協会 代表理事 理学療法士

北海道札幌市出身。2006年に医療法人孟仁会摂南総合病院認知神経リハビリテーションセンターへ入職。2007年にはイタリアへリハビリの研修で渡欧。2012年に県立広島大学大学院総合学術研究科を卒業し、修士号を取得。2013年4月生活期の脳卒中患者に対して、マンツーマンで「動きのコツ」のリハビリを受けていただける場所を作るために動きのコツ研究所を開設。生活期の脳卒中患者に対して改善の笑顔を提供するとともに、プロのセラピストに対して技術を指導する講演活動を積極的に行っている。2017年には一般社団法人動きのコツ協会を設立し、さらに積極的な啓蒙活動を行っている。運動指導者の祭典スピーチコンテスト「ベストブレインウエルネスアワード2017」にて優勝。

歩行訓練のコツ
近年の脳科学の研究によると、歩行の改善のためには「足の裏の感覚を意識する」ことが重要だと言われています。ご利用者一人一人に応じた「楽に歩くための足の裏の意識の仕方」を見つけることが重要となります。
リハ提供時にご利用者がやる気を持って取りめる環境づくりのヒント
ご利用者がやる気を持っていただけるためには、ご利用者自身が「自宅で楽に動けるようになった」という実感を得られることが重要となります。そのためは、ご利用者一人一人に応じたセラピストの指導内容や環境づくりが重要となります。
今回の研修で一番の参加しどころ
一般的に「改善が難しい」と言われている慢性期片麻痺やパーキンソン病症候群の方が、「意識するだけで楽に動ける」という喜びを実感していただけるようになります。
メッセージ
生活期における慢性期片麻痺やパーキンソン病症候群の方々には、改善の可能性が大きく隠されています。改善が得られないのは、うまく導くことができないセラピストの責任です。ご利用者の“本当の笑顔”を見たい方はご参加下さい。
当日の内容をみる
参加をする
ココに注目

現場ですぐに活かせる実践的なリハの工夫と視点の持ち方

【講師プロフィール】

野田 和美(のだ かずみ)

NPO法人日本介護福祉教育研修機構 認定講師 理学療法士

広島県出身。阪奈中央リハビリテーション専門学校卒業。卒業後、祐生会みどりヶ丘病院に理学療法士として入職。7年間の勤務の後、退職し株式会社QOLサービスに入社。多機能リハビリセンターありがとうに配属される。現在は、法人内のデイサービスと訪問部門、ショートステイ、サービス付き高齢者住宅にてセラピストとしての視点からよりよい在宅介護のあり方を模索しながらケア・リハビリの知識と技術を提供している。現在、月刊デイにて「歌に合わせてLet's体操!」を好評連載中。

セラピストとしてご利用者に関わる上で心がけていること
「真のニーズは何か」「現状のままでいいのか」「どうしたらご利用者のできることが増えるか」「生活の幅が広がるのか」など、ご利用者の可能性が広がる関わり方を実践しています。
機能が改善したご利用者からの言葉
「普段動かさないところを刺激するのでスッキリする」「体が温まる」「食事がしやすくなった」などの声をいただくと専門職冥利に尽きます。
メッセージ
「なぜ●●が大切なのか!?」の意味が理解できます。セラピストがその意味を介護スタッフに正しく伝えることができれば、介護スタッフもADL・IADLの評価ができるようになり、ご利用者の行動や状態が生活動作にどのように影響するのかが分かるようになるので、専門性・連携がより深まります。
当日の内容をみる
参加をする
会場までのアクセス

【大阪会場】マイドームおおさか

〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2-5

・Osaka Metro堺筋線「堺筋本町」駅の12番・17番出口から徒歩6分

・Osaka Metro中央線「堺筋本町」駅の1番出口から徒歩6分

・Osaka Metro谷町線「谷町四丁目」駅の3番・4番出口から徒歩7分

・Osaka Metro谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅の4番出口から徒歩15分

・Osaka Metro堺筋線・京阪電鉄「北浜」駅の5番出口から徒歩10分

・Osaka Metro御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」駅の3番出口から徒歩15分

【東京会場】TEPIA(一般財団法人 高度技術社会推進協会)

〒107-0061 東京都港区北青山2-8-44

・東京メトロ銀座線「外苑前」駅3番出口から徒歩4分

・JR「千駄ヶ谷」駅または「信濃町」駅から徒歩14分

・都営大江戸線「国立競技場」駅から徒歩11分または「青山一丁目」駅から徒歩9分

参加をする
注意事項

お申し込みにあたっては、下記をご一読いただき、同意のうえお申し込みください。

【参加・申し込みにあたって】

・各分科会の内容は、当日の参加者状況などによって変更となる場合がございますことをあらかじめご了承ください。

・各時間帯のプログラムは自由に選択いただけます。

・当日の分科会変更も可能です。(事前に希望分科会を伺うのは会場の部屋割り調整のため)

・多くの施設の方との交流が図れるよい機会となりますので、休憩時間を利用して積極的に情報交換を行ってください。

・講演中のパソコン、タブレット、スマートフォンなどでの録音・メモなどはご遠慮ください。

・お申し込み確認後、担当者より「ご入金のご案内」をFAX・メール・郵送のいずれかの方法でお送りいたします。

・参加費の納付をもって正式申し込みとなります。なお、参加費の返金はいたしませんが参加者の変更は可能です。

・お申し込み後1週間が経過しても入金案内が届かない場合は、事務局までご連絡ください。

・複数名でお申し込みを希望される場合は、お手数ですが再度申し込みフォームよりご入力いただくか、「備考欄」に複数で参加される方の「氏名」「希望分科会」などの必要事項をご入力の上お申し込みください。

・参加手続き後の、入力確認画面を控えとして必ず、印刷し保管してください。

注意事項を確認したので申し込む
チラシをダウンロードする
ページトップ ▲