リハケア・ケアレク100連発セミナー
- リハビリケア・ケアレク双方向の視点から実践的プログラムを学ぶ -

介護現場で提供されるリハビリテーション(以下、リハ)やレクリエーション(以下、レク)について「リハビリ=機能訓練」、「リハ職などの専門職による1対1訓練」「レク=ゲーム」「レクは盛り上げなければいけない」…など、誤解しているスタッフが多く見受けられますが、リハやレクは「単に機能訓練をする」「楽しみながら参加する」という目的だけではなく、本人に残された能力・強みを把握し、環境に工夫を加えながら再び生活や残された人生を充実させるための手段であり、介護現場で実践するためには、自立と自律の視点から取り組まなければなりません。

本セミナーでは上記の「リハ」「レク」の双方に「ケアの視点」を取り入れ、介護・福祉現場で提供するサービスが漫然にならない、意味ある【人生再創造活動の一助】となるリハケア・ケアレクの提供方法について学びます。リハやレクに無理やり誘ったり、ただ何となく実践している…という現状に心当たりがある方はぜひ、このセミナーに参加して講師・参加者と繋がり現状を変えてみませんか!?

①翌日からすぐに実践できるユニークなプログラムを大公開

②今実践していることへのアレンジ方法を学び効果倍増!

③利用者の満足度を上げるために身につけるべき技術

④日常の生活やケアに機能訓練、リハビリの視点を入れる

⑤レク(Re-creation)は単なる楽しみ目的の集団活動やゲームではない!

≪ 申し込みフォームはこちら
- 開催概要 -
【日 程】

<福岡会場>2019年12月8日(日)10:30~15:30 

<名古屋会場>2019年12月14日(土)10:30~15:30 

【会 場】

<福岡会場>パピヨン24(福岡県福岡市博多区千代1-17-1)

<名古屋会場>イオンコンパス名古屋駅前会議室(愛知県名古屋市中村区椿町18-22ロータスビル5階)

【講 師】

・石田 竜生氏(一般社団法人介護エンターテイメント協会 代表/作業療法士)

・山口 健一氏(株式会社バイタル エフステージ白木せいかつのデイ 作業療法士)

【参加費】

7,000円(税・資料代込み)

≪ 申し込みフォームはこちら
- セミナー内容 -

面白い!やる気も出る!工夫すると効果も出せ評価に使える具体的アプローチ

石田竜生

石田 竜生氏

日本介護エンターテイメント協会 作業療法士




・次回の来所につながる「快刺激」を生み出すレク
・送迎待ちの方を退屈させない環境づくり
・パタカラで終わらない目からウロコの口腔体操
・食事を楽しくさせる口腔体操
・呼吸・摂食機能改善レク
・食事やおやつが楽しくなるワクワク感を引き出すレク
・「幼稚」にならないレクアクティビティ
・お笑い芸人でもある作業療法士が実践する笑いを取り入れた体操
・漫才から学んだ介護現場で実践できるレクリエーション4つの公式
・TVディレクターから学んだマンネリ化しないコミュニケーションレク
・タオルと新聞紙を使いバランスを意識した日常動作体操
・身近なものを使ったレクや体操のネタがつきない魔法の公式
・転倒予防の効果を高める身近なものを使ったレク・アクティビティ
・笑って笑って転倒予防レク・アクティビティ
・笑って動いてADLの維持向上レク
・「動機づけ」でレクと体操により大きな効果を引き出す方法
・場面設定を「ビジュアル化」そこから生まれるADL体操
・いつものレクに一工夫で認知症・転倒予防につなげる方法
・ポイントは足裏!「転倒予防センサー」を高めるレク
・転倒予防につながる「2重課題の運動」を無限につくり出してみよう
・体幹を意識したリハビリ体操
・家でも思わず体が動く!ご利用者が受け身にならないレク活動
・既存のレクに「プラス1」でガラリと効果を上げる方法
・ADL・IADL向上!身近なものを使ったレク・アクティビティ
・ご利用者が受け身にならないレク活動
・中重度の方へのレクアクティビティ
・レベルが異なる人たちで形成される集団へのポイント
・新聞を使った認知症予防レク5連発 ほか
≪ 申し込みフォームはこちら
山口健一

山口 健一氏

株式会社バイタル エフステージ白木せいかつのデイ 作業療法士




・上手なレクの案内と心理的アプローチ
・根拠のあるレクプログラムは生活機能を改善する
・「脳」を活性化させる感情へのアプローチ
・「伝える」「思考する」「 実行する」
・ご利用者の可能性を伸ばす方法
・楽しい!すぐに取り組める!ADL・IADLの維持向上につながる一石三鳥レク
・場面ごとの動作確認につながるレク、体操
・麻痺側の随意性を引き出す応用的プログラム、運動
・視力低下で困る生活動作を考えてみよう!
・できることはできるままに!できないことはできるように!
・潜在する手の感覚を使って行うレク5連発
・潜在する足の感覚を使って行うレク5連発
・手続き記憶を活用したチラシタワー
・あなたが主役!一問一答形式のインタビュー
・役割みっけ
・生活意欲が低下する原因を考えながらLet’s create
・「できた」「楽しかった」という体験を通して生活意欲の向上を目指すケアレク
・生活意欲が向上する体操
・レクでご利用者が元気になる理由と仕組み
・なんだか元気が湧いてくるレク
・即興でアレンジレクをしよう
・心身機能の向上が期待できる活動量豊富なケアレク
・ご利用者、スタッフが一緒に楽しめる歌体操
・楽しく基本動作アップレク
・抑うつ気分よ、さようならケアレク
・認知機能や実行機能が低下してきた方が楽しく参加できるケアレク
・私はだ~れ?記憶力アップケアレク
・紙コップを使ったケアレク
・A4用紙を使ったケアレク
・爆笑レクネタベスト10
・レクネタを無限大にする方法
・誰でも爆笑王
・トランプで効果的な認知症の予防ができるレク
・良いとこ探しレク
・思考力・理解力・記憶力が自然と上がるレク
・本気の拍手 ほか
≪ 申し込みフォームはこちら
- 講師紹介 -
石田竜生

石田 竜生 氏(いしだ たつき)

富山県出身。リハビリの国家資格である作業療法士として働きながら、大阪よしもとの養成所に通い、フリーのお笑い芸人として活動を続けている。芸人活動で培った技術を生かして、日本介護エンターテイメント協会を設立。『人生のラストに「笑い」と「生きがい」を』をモットーに、『介護エンターテイナー』と名乗り活動している。介護現場を『笑い』でいっぱいにするために、日本全国でボランティアやセミナーを開催中。開催したボランティアは、のべ150ヶ所を超える。施設研修・介護イベント・自治体からの講師依頼多数。『介護×笑い』に関する取り組みへの注目度は高く、日本経済新聞に特集記事掲載。NHKでは密着取材の様子が『おはよう関西』で放送される。その他メディアで取り扱われること多数。「第11回日本通所ケア研究大会」一般演題発表にて最優秀賞受賞。

【資格】
ケアマネジャー

- 機能訓練の視点を取り入れた活動の展開で気を付けている事 -

心が動けば体が動く!すべてのレクアクティビティには意味があり、機能回復へと繋がっています。問題なのは、スタッフがそれに気が付いていないことです。スタッフの意識改革・効果的な動機づけ・目標設定の方法を学んでもらい、今後のレクに活かしていただければと思います。

- 機能訓練などを行う際にご利用者のモチベーションを高める方法 -

「幼稚だと思われる」「マンネリ化する」などの問題点を解決していきましょう。動機づけやレクの公式、既存のレクにプラス1でクオリティを上げる方法を学んでもらい、モチベーションupのヒントを持ち帰って頂ければと思います。

- メッセージ -

レク・アクティビティの「やり方」ではなく「あり方」を学びましょう。新しいものを生み出そうとして悩む必要はありません。ちょっとの視点の変え方や表現方法を変えるだけで、今までのレクが機能回復へ繋がるものへとガラリと変化します。

介護エンターテイナーユーチューブ
≪ 申し込みフォームはこちら
山口健一

山口 健一 氏(やまぐち けんいち)

長崎県出身。長崎医療技術専門学校作業療法科を卒業後、南長崎クリニックリハビリテーション科へ勤務。7年間の勤務後、平成26年より現職。作業療法のプロとして心身機能への働きだけでなく、「活動」「参加」を意識したプログラム・トレーニングを日々現場で実践している。また、医療や介護現場・在宅でも使え、人の生活を少しでも改善する、新しい生活の発想の提案やアイデアについてのヒントを見つけるワークショップなどを開催している。第14回日本通所ケア研究大会「ケアの工夫コンテスト」【プログラム・活動・参加を促す工夫】部門で最終優秀賞を受賞。月刊デイ、リハージュなど寄稿多数あり。

【資格】
・ブレインマネジャーGM
・福祉住環境コーディネーター2級
・認知症ライフパートナー基礎/応用
・浮腫療法手技取得

- 現場ケアでの自分の強み -

「できない」と決めつけてアプローチをしないこと。

- 今回のセミナーの参加しどころ -

レクやアクティビティがトレーニング・機能訓練につながるまでのプロセスや在宅生活を改善するためのプログラムにつながる工夫を知ってほしいと思います。

- メッセージ -

明日からすぐにでも使える活動や考え方やアイデアをご紹介したいと思います。現場で行っていることを分かりやすく説明したいと思います。ニードや気持ちを合わせる工夫などをお伝えしたいと思います。

アイデアリハビリブログ
≪ 申し込みフォームはこちら
ページトップ ▲