働き方改革・新処遇改善加算に備える!介護事業者が真剣に取り組まなければならない人事考課制度再考セミナー
人材定着・人材確保で大きな差が出る経営者・実務のトップが学ぶべき実践活用法
- 開催のねらい -

働き方改革による「有給休暇5日間の義務化」「残業規制」「同一労働同一賃金」「働き方改革関連法案の施行に併せて新設した人材確保のための助成金制度(最大750万円)」、特定処遇改善加算の新設による多様な昇給シミュレーションなど【働き方と業務改革】が4月から激変!
もう『知らなかった』ではもう済まされない!

「労働の効率化(残業して長時間働くのではなく、労働生産性を上げる)」「労働の多様化(ITやクラウドツール等を利用しオフィス以外で仕事ができる環境をつくる)」「労働の一般化(高齢者の雇用、育児中の女性の労働参加促進)」の視点で見直される働き方改革関連法案が4月から施行され、それに伴い介護・医療業界でも働き方を変えなければなりません。

「有給の取得義務化」「残業時間の上限規制」には罰則も設けられており、介護職員の4割以上が有給休暇を取得できない介護業界において、法人での社内規定や職員配置など見直す必要性が出てきます。

また10月には、現行の処遇改善加算の(Ⅰ)から(Ⅲ)までを取得していることを前提条件にサービス提供体制を強化し経験・技能のある介護職員を雇用している事業所を評価する「特定処遇改善加算」が新設されます。

介護人材の確保・定着が急務な業界において、上記事項への対応として職場環境を整えることは、他施設・他事業所と大きな差を生み出し、地域で人材の取り合いに巻き込まれない機会となります。

このセミナーでは、「働き方改革関連法案」「特定処遇改善加算」の正しい理解とそれに伴い新設された人材確保・定着のための助成金制度、キャリアパス・人事考課・人材育成に応用していくための労務・人事マネジメントの工夫について学びます。経験・技能のある介護職員が定着し長く働き続けれる職場づくりを実現し、労務・人事マネジメントの質的向上を目指します。

- 開催概要 -
【日 程】

<大阪会場>2019年5月18日(土)10:00~15:30 終了しました

<福岡会場>2019年6月22日(土)10:00~15:30 終了しました

<東京会場>2019年7月27日(土)10:00~15:30 終了しました

【会 場】

<大阪会場>CIVI新大阪研修センター(大阪府大阪市淀川区西中島3-9-13NLC新大阪8号館)

<福岡会場>リファレンス駅東ビル貸し会議室(福岡県福岡市博多区駅東1-16-14リファレンス駅東ビル)

<東京会場>CIVI研修センター秋葉原(東京都千代田区神田須田町1-5-10相鉄万世橋ビル)

【講 師】

・志賀 弘幸氏(社会保険労務士法人THINK ACT 代表社員/社会保険労務士/社会福祉士)

・森田 健一氏(社会福祉法人合掌苑 戦略推進本部 マネージャー/社会福祉士)

【参加費】

15,000円(税・資料代込み)
※午前または午後のみの場合8,000円

【特 典】

参加者の皆さまには「介護の労働トラブル解決 虎の巻(非売品)」をプレゼントいたします。

業務・労務改革と人材の活用で高水準の「雇用満足」「人材確保」の実現
参加する3大ポイント

(1)「ワークライフバランス」を意識した職場環境を形成できるか

(2)ご利用者の需要と職員の働き方のバランスは大きな経営判断

(3)働き方改革は、職場改革の錦の御旗として最高の改革のチャンス

- セミナー内容 -
<午前>10:00~12:15

働き方改革は、職場カイゼンの最高のチャンス
~業務改善、効率化推進、キャリアパス、人事考課、人材育成によって長く働ける職場を作る方法~

講師:志賀 弘幸 氏(社会保険労務士法人THINK ACT 代表社員/社会保険労務士/社会福祉士)

【内容】

・2019年4月から施行の働き方改革で変わる労務管理の在り方

・働き方改革を推進する職場環境向上助成金(最大750万円)

・定年延長、高齢者雇用、同一労働同一賃金への対応

・知らなければいけない罰則規定

・押さえておきたい新しい人事考課制度のポイント

・新たなる処遇改善加算「特定処遇改善加算」の正しい理解とポイント

・特定処遇改善加算、働き方改革を活用した労働力を集める工夫

・人が集まる職場は、人材確保→人材育成ではなく、人材育成→人材確保

ほか

<午後>13:15~15:30

雇用満足と生産性の向上で顧客満足も向上!
スタッフ・ご利用者に選んでもらう労務・人事マネジメントの工夫

講師:森田 健一 氏(社会福祉法人合掌苑 戦略推進本部 マネージャー/社会福祉士)

【内容】

・生産年齢人口の減少、競合他社増加の中で、スタッフにもお客様にも選んで頂くためのヒント

・介護現場における生産性の向上とは何か

・人が育ち、チームが育つためのヒントは何か

・「ES(雇用満足)=CS(顧客満足)=利益」を実現させるためのバランス

・事業所運営とマネジメント(労務・人事)の具体的な方策

・入職前のミスマッチを防ぐ

・女性も男性も働きやすい環境つくりの考え方と方法

・短時間正職、正職が夜勤をやらない…というパラダイムの返還

・新卒、中途、障がい者、外国人採用の考え方と方法

・合掌苑が実践する「スタッフ定着」の考え方と方法

・積極的な第三者評価の活用による質的向上の考え方と方法

ほか

- 講師紹介 -
志賀弘幸

志賀 弘幸 氏(しが ひろゆき)

愛知県出身。関西大学卒業後、メーカー、大学職員、コンサルティング会社勤務などを経て、独立。社会保険労務士、社会福祉士の資格を生かし、福祉介護業界に特化した人材育成、人事考課制度(キャリアパス制度)、労務管理を顧問先で実践。キャリアパス研修の指導講師として全国各地を飛び回っている。福祉介護現場での課題は共通性が高いのが特徴。多くの事業所での相談実績は10年間で1000件以上。現在、高齢者住宅新聞社にて「待ったなし! 定着率を高める人財育成」を連載中。

- 強み -

社会保険労務士、社会福祉士として福祉現場の労働環境整備や福祉経営労務管理の提案と福祉現場に特化したコンサルによって培った豊富な事例

- 働き方改革のポイント -

働き方改革は「休み方改革」とも言われます。有給休暇取得の義務化や週休3日制の導入など「ワークライフバランス」を意識した職場環境を形成できるかがポイントになります。利用者の需要と職員の働き方のバランスは大きな経営判断になります。CSか? ESか?働き方改革を如何にうまく活用するかは、今後の人材確保策にもつながると考えています。

- 「働き方改革」「特定処遇改善加算」など中小企業がすべき工夫のポイント -

新処遇改善加算【特定処遇改善加算】の算定のポイントに「勤続10年」や「長く働き続けられる職場」という表現があります。これは働き方改革においても重要な課題であり、定年延長や高齢者雇用などこれからの時代の変化に対応した働き方とも関連しています。定着率を如何に高く維持するかは、これから益々深刻化する人手不足時代において「人材確保」の一番の策ともいえるのではないでしょうか。

- 講演のポイント -

「職場を良くするための努力をしている介護施設」と「何となく職場ができるだろうと楽観視している施設」。職場の二極化が一段と進んでいます。競争は介護業界だけではありません。他の業界の動向も注視する必要もあります。これからの介護業界はIT化、AI化によって業務を如何に効率化できるかです。実際に業務効率化でスタッフの身体的な負担を軽減を実現できている施設も存在します。その他にも「人材育成のための人事考課制度の本格的運用」や「同一労働同一賃金を見据えたキャリアパス制度構築」ついても時間の許す限りお伝えしたいと思います。

- メッセージ -

「まずはやってみる」この言葉を如何に実践できるか!進化している施設経営者は、この合言葉のもと「TRY&ERROR」を繰り返しています。今後の方向性は多様な会議等でも示されています。情報を入手し、それをどう実践していくかの差が出ています。働き方改革は、職場改革の錦の御旗として最高の改革のチャンスです。

森田健一

森田 健一 氏(もりた けんいち)

神奈川県出身。
・1993年4月 社会福祉法人合掌苑入職、2005年以降、管理職。
・2015年度「八王子労働基準監督署町田支署長賞」「リビング・オブザイヤー2015」「東京都女性活躍推進大賞優秀賞」「町田市仕事と家庭の両立推進企業賞
・2016年度「かながわ感動大賞」
・2017年度「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」
・2018年度「日本経営品質賞 経営革新推進賞」
など主な受賞歴

【役職・活動など】
・一般社団法人かながわ福祉居住推進機構理事
・学校法人榎本学園町田福祉保育専門学校非常勤講師
・経営品質協議会認定セルフアセッサー
・日本社会福祉士会会員
・日本介護支援専門員協会会員

- 強み -

自分達の手で自分達の職場を良くしていく為に、現場の痛みを理解したマネジメント

- 働き方改革のポイント -

・休んで生産性を向上させる
・制約条件とエンパワーメントをマネジメントする

- 「働き方改革」「特定処遇改善加算」など中小企業がすべき工夫のポイント -

・働きに手に選ばれる企業であること
・「介護は働く人にとって優良な職場である」ことを証明すること
・規模に関わらず強みを生かす差別化すること

- 講演のポイント -

介護は安定して働きやすく安全で楽しい職場である(3Kの古い価値観からの脱却)と自分達の手で自分達の職場を良くしていく為に効果の高い取り組みと実践方法を紹介します。

- メッセージ -

我々(私)も日々、頭を悩ませながら事業活動を行っています。今回のセミナーを通じて共に学びを深め合い「しつこく爽やかに」「明るい執念」をもって運営し、スタッフが「楽しく疲れる」職場を作りましょう。

成長戦略・実践力強化
成長戦略1

個別機能訓練加算、リハマネ加算への効果的な取り組みにつながる

デイがすべき本来の役割と「活動」と「参加」充実化セミナー

・自立支援を目指す目標設定とプログラムを生み出し本物のデイになる!

・介護サービスの質が問われる時代!質とは何か!?何がケアのアウトカムなのか!?

・身体機能・生活機能のそれぞれを評価し、考え行動できるスタッフになる

・ADL向上だけでなく、「活動」と「参加」の成果が上がる評価方法が分かる!

・多職種連携で効果的・実践的な機能訓練の具体的アプローチを知る!

このセミナーの詳細を見る
成長戦略2

「働き方と業務改革」で高水準の雇用満足を生み出す

介護事業者が今後積極的に取り組まなければならない人事考課制度再考セミナー

・4月施行「働き方改革関連法案」

(年次有給休暇消化の義務化、時間外労働の上限規制、同一労働同一賃金 など)

・「働き方改革関連法案」施行に併せて新設した人材確保のための助成金制度(最大750万円)

・10月施行「特定処遇改善加算」

(10年勤続の介護福祉士を月8万円給与引き上げによる多様な昇給シミュレーション など)

・地域で人材の取り合いに巻き込まれないオンリーワンの職場環境づくり

このセミナーの詳細を見る
成長戦略3

「縦割り」から「丸ごとへ」求められる創意工夫

デイや介護事業者が地域共生社会を実現するための成長戦略実践セミナー

・公的保険サービス×保険外サービス

・目指すは社会性と収益性の両立

・保険サービスの組み合わせだけに留まらない!地域に「暮らし」と「生きがい」を創出する

・保険外シニアビジネスの最新動向と事業化のポイント

・介護保険制度に沿った新しい活動

・これからの介護事業経営戦略

このセミナーの詳細を見る
成長戦略4

外来維持期リハ廃止で生活期リハビリの需要増大!

生活期リハ施設(通所リハ・老健・訪問リハ)がすべき運営管理とマーケティングセミナー

・生活期リハビリの在り方

・介護報酬の本質を捉えたマネジメントと守備範囲

・マーケティング導入の視点

・リハビリ機能の強化(早期、集中的、専門的な多職種連携)

・地域、ケアマネとの連携から固める

・生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーション

このセミナーの詳細を見る
成長戦略5

「出来るADL」と「しているADL」の差を縮める!

リハビリ・トレーニング効果を向上させる新しい視点の活動分析と介入セミナー

・知っておくべきADLの注意点

・ご利用者、家族、スタッフで大きな乖離「できるADL」と「しているADL」

・利用者の状態を情報共有する工夫

・ケアを阻害する因子

・身体機能、認知機能の評価と介入

・日常生活を想定した関わり

このセミナーの詳細を見る
成長戦略6

機能訓練・リハビリテーションの効果と質を高める

介護・看護・リハ職の連携強化のためのリハビリ知識と技術セミナー

・チームアプローチと連携

・コミュニケーションについて

・生活期における身体機能・生活機能の評価と生活マネジメント

・介護場面で使える実技

このセミナーの詳細を見る
成長戦略7

出来ることを引き出し、社会とのつながりを持ち続ける

認知症の方の生活行為障害へのリハビリアプローチセミナー

・残存機能を最大限に生かし日常生活を自立し継続できる

・認知症の進行と症状に応じたリハビリテーションの提供

・認知機能トレーニングだけに目を向けない、ADL・IADLに焦点を当てた具体的アプローチ

・認知症になっても社会とのつながりを持ち続けるために私たちにできることは何か?

このセミナーの詳細を見る
ページトップ ▲