看護師向けセミナー
病棟看護師のための認知症ケア集中セミナー
開催概要

何が問題??どこから取り組めばいい??

効率的かつ効果的な医療提供体制の確保と高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるように、地域における医療と介護・生活支援等の総合的なサービスを提供するための「地域包括ケアシステム」の体制整備が進んでおり、これまでの病院完結型から地域完結型へと大きく転換されています。病院での「治す医療」から「病気と共に暮らす」人・家族を支え、在宅でも他職種連携によるサービスが切れ目なく提供され、地域全体で治し支えるための視点が求められています。そのために私たちは何をすれば良いのか…。このセミナーでは、急性期病棟の看護スタッフが抱えている問題を共有し、達成感のある支援を実現するために実践するべきことを見出していただきます。

【日 時】

<東京会場>2020年06月06日(土)10:30~15:30  <福岡会場>2020年06月20日(土)10:30~15:30  <大阪会場>2020年08月01日(土)10:30~15:30 

【会 場】

<東京会場>LMJ東京研修センター(JR総武線「水道橋駅」東口より徒歩6分) <福岡会場>リファレンス駅東ビル貸会議室(JR「博多駅」筑紫口より徒歩4分) <大阪会場>大阪OBPクリスタルタワー貸会議室(JR東西線「大阪城北詰駅」より徒歩5分)

【講 師】

奥村 歳子氏(JA新潟厚生連 糸魚川総合病院 看護師)

【参加費】

8,800円(税・資料代込み)

【対 象】

急性期病棟の看護師

【注意事項】

・お申し込み後のご案内は「メール」「郵送」「FAX」いずれかの方法にてお送りいたします

・お申し込み後、1週間を経過しても入金案内が届かない場合は、事務局までご連絡ください

・参加費の納付を持って正式申し込みとなります

・天災、主催者都合で中止となる場合は全額ご返金いたします

・ご入金後のお客様都合での参加費の返金はいたしかねますが、参加者の変更は可能です

・席順は研修当日の着席順となります

・お申し込み時にいただいた情報は、当会の管理・運営のみに使用いたします

≪ 参加申し込みをする
セミナー内容

患者・家族、院内の他職種、地域の他職種…
効果的かつスムーズなコミュニケーションを取るために

(1)なぜ入退院支援が必要なのか

1)日本の現状と医療の現状

・2025年問題と医療・福祉
・「病棟完結型」から「地域完結型」へ

2)地域包括ケアシステム

・地域包括ケアシステムとは
・地域包括ケアの課題

3)急性期病院における入退院支援

・入退院支援加算 ほか

(2)急性期病棟の現状と課題

1)急性期病棟の現状

・臨床現場の実情整理
・よりよいケアを提供するための入退院支援

2)よりよく生ききるための入退院支援

・在宅生活の状況を知る
・当事者の希望と希望を叶えるための調整

3)多職種カンファレンスの在り方

・カンファレンスの在り方を見直す必要性
・各職種の役割分担

(3)地域の多職種との連携

1)介護保険で利用できるサービスとは

・フォーマルサービスとインフォーマルサービス
・ソーシャルキャピタルという概念

2)ケアマネジャーとの連携

・介護保険サービスの導入と展開を知る
・共通言語をもつことの重要性

3)訪問看護との連携

・当事者の生活を整える
・訪問看護の積極的導入
≪ 参加申し込みをする
講師紹介

生活者として暮らしていける場所への退院支援

奥村歳子

奥村 歳子 (おくむら としこ)

・JA新潟厚生連 糸魚川総合病院 看護師

・保健師

大阪大学医学部保健学科看護学専攻(看護学士)卒業後、大阪医療センターに就職。その後、訪問看護ステーション勤務を経て在宅看護学の教員として看護系大学に勤務。現在は、中規模総合病院の急性期病棟にて在宅医療の経験を活かして退院支援を実践している。在宅医療連合学会や摂食嚥下リハビリテーション学会などに毎年参加し、知識や技術の更新に努めている。

≪ 参加申し込みをする
会場までのアクセス

公共交通機関を利用してお越しください

東京会場

LMJ東京研修センター

〒113-0033 東京都文京区本郷1-11-14 小倉ビル
水道橋駅から徒歩6分/都営三田線水道橋駅から徒歩3分

福岡会場

リファレンス駅東ビル貸会議室

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-16-14
「博多駅」筑紫口から徒歩4分

大阪会場

大阪OBPクリスタルタワー貸会議室

〒540-6020 大阪府大阪市中央区城見1-2-27
JR東西線「大阪城北詰駅」より徒歩約5分
≪ 参加申し込みをする
セミナー一覧
医療と介護のスムーズな連携で実践する入退院支援
看護・介護現場でのターミナル期の看取り援助
良循環を創る看護師の役割と関わり
良循環を創る看護師の役割
ページトップ ▲