開催趣旨

マニュアルだけに頼らない!認知症の人の立場で客観的に有効なケアを導き出す!

認知症の人は私たちと何が違っていて、何が同じなのかを考えことはありますか?違いは、認知症という疾患が「ある」か「ない」かの違いだけなのです。しかし、認知症ケアが難しいと感じてしまうのは、「言うことを聞いてくれない」「リハビリの指示が入らない」「認知症だからできない」という介護者側の視点による感じ方や介護者が困らない介護者側都合のアセスメントが原因ではないでしょうか。今回のこの研修会では【介護の専門職・プロとして専門性を高める】ことを目的に、日々の現場ケアの見直し、困難事例への対応、そしてもっとその先を勉強してみようと思えるワンランク上の総合的な認知症ケアのアプローチを学んでいただきます。

内容を見る

開催概要

日 程:
(大阪会場)2018年9月8日(土)10:00~17:00 (東京会場)2018年9月15日(土)10:00~17:00
会 場:
(大阪会場)CIVI研修センター新大阪東(大阪府大阪市東淀川区東中島1-19-4) (東京会場)人事労務会館(東京都品川区大崎2-4-3)
参加費:
10,000円(税・資料代込)
講 師:
石原 孝之氏(コミュニティホーム長者の森 取締役) 中西 誠司氏(有馬高原病院 認知症サポートセンター 作業療法士) ※大阪会場 浅野 有子氏(非営利一般社団法人あっとほーむいなしき 代表理事) ※東京会場 村上 理恵氏(看護小規模多機能型居宅介護ありがとういいね 介護福祉士) 妹尾 弘幸氏(株式会社QOLサービス 代表取締役)
その他:
日本認知症ケア学会単位認定講座「認知症ケア専門士:3単位」
内容を見る

タイムスケジュールと講座内容

私たちは認知症の方を取り巻く環境そのものであるということ

石原孝之
石原 孝之氏
コミュニティホーム長者の森
取締役
焼津市認知症対策連絡会委員

時間:10:00~11:45

こんなアプローチがあったんだ!認知症ケア最前線
「基礎知識のおさらい」から「明日から使えるケアのヒント」まで

「なぜ、認知症ケアが難しく感じてしまうのか」を見つめ直していただき、明日からの現場で使えるケアのヒントを探ります。

<予定している当日の内容>

・中核症状と周辺症状(BPSD)の基礎知識と関係性

・その場しのぎのケアはもうウンザリ!明日から使えるケアのヒント

・世界の認知症ケアから学ぶケアメソッド

・コミュニティホーム長者の森の取り組み

・はたらくグループホーム、お年寄りと子ども(ふじのくに型共生施設)

・ネロリカフェ(認知症予防カフェ) ほか

参加する
妹尾 弘幸氏
株式会社QOLサービス
代表取締役
総合介護施設ありがとう 総施設長

時間:12:05~12:35 ※受講を希望される方はお弁当をご持参ください

BPSDへの対応
PACEP理論から導く根治ケア

BPSDへの対応理論の一つである「PACEP理論」の概要について説明し、具体例を用いて、PACEP理論の活用とケア対応方法について説明します。

<予定している当日の内容>

・PACEP理論とは

・PACEP理論の基本的な考え方

・PACEP理論を用いて 事例1

・PACEP理論を用いて 事例2 ほか

参加する
【大阪会場】
中西 誠司氏
医療法人寿栄会 有馬高原病院
認知症サポートセンター
作業療法士

【東京会場】
浅野 有子氏
非営利一般社団法人あっとほーむ
いなしき 代表理事
作業療法士

時間:12:45~14:00

新しい総合的認知症ケアの実践(1)
介護職でも実践できる認知機能の維持・改善、認知症予防トレーニング、認知症リハビリ

認知症の人が地域で生活を続けていくための、認知症の各ステージごとで実践できる認知症リハビリテーションの実践を学びます。認知症の症状に合わせたリハビリや生活場面でのリハビリテーション的ケアの実践を知ることで明日からの現場実践がワンランクアップします。

<9/8大阪会場で予定している当日の内容>

4DAS(Four Dimensional Assessment System)という兵庫県で開発された仕組みを紹介します。認知症の方に対する機能訓練を“根拠に基づいて”行うためにはどうすれば良いのか?という疑問に対して、視点の置き方、具体的なアセスメント、プログラムの実践といった一連の考え方について解説します。

・認知症観の転換について

・パーソン・センタード・ケアと認知症機能訓練

・認知症機能訓練のPDCAサイクル

・現場で使いやすいアセスメント

・プログラム実践方法 ほか

<9/15東京会場で予定している当日の内容>

認知症者へのリハビリテーション専門職種の治療的(医療的)支援効果とケア的(生活的)支援とが進化しています。ケアチームの総力と連携で展開されるチームリハビリテーションへの期待は大きいと思われます。このセッションでは作業療法のエッセンスを中心に治療的リハ支援の概要と実践をお示しします。

・リハ専門職の評価やプログラムの具体例の提示と応用展開

・介護専門職の支援においての新しいリハの視点と具体的な手法

・アクティビティ、身体機能改善、認知機能改善の併用(一部実践)

・認知症の方の脳力を最大限に引き出し、適応能力を引き出す視点(基本練習・基本作業)

・対象者の暮らしとそれを支える家族の暮らしの課題にしっかり向き合う

・排泄や更衣、料理や買い物、趣味や生きがい、コミュニテーションや役割遂行といった生活行為を具体的に向上していく認知症リハビリテーション(応用練習・応用作業)

・認知症の方やその家族が様々な支援や資源を活用し日々を有意義に自己実現していけるような地域づくり(社会参加・社会適応作業)

・バランスの取れた基本練習、応用練習、社会参加の連動で効果的なリハの実現

参加する
村上 理恵氏
看護小規模多機能型居宅介護
ありがとういいね 介護福祉士
認知症介護実践者研修修了

時間:14:15~15:30

認知症の方に効果的なADL・IADLプログラムと
ケアの工夫
全国から見学者が多数訪れる総合介護施設ありがとうグループの現場実践から

認知症の方の残存している能力を引き出しADL・IADLを行ったり、趣味活動を増やすことで本人のQOLが高まります。現場での実際の活動例を紹介しながら簡単にマネができる工夫点などをお伝えいたします。

<予定している当日の内容>

・「社会参加」「交流」に向けて季節行事やイベントを楽しむ

・個々に合わせた豊かな時間づくりの工夫
(木工作業・習字・畑づくり・園芸活動・縫い物・読書など)

・日常生活場面における役割づくりの工夫
(調理・洗濯物たたみ・干し・ 食器洗い・拭き・盛り付け・配膳・下膳・お茶くみなど)

・近隣の豊かな環境を生かした五感への刺激

・事業所での取り組みを最大限に生かす!在宅での生活を限界点まで高める家族支援の工夫

・実際に効果のあったご利用者の事例紹介 ほか

参加する
妹尾 弘幸氏
株式会社QOLサービス
代表取締役
総合介護施設ありがとう 総施設長

時間:15:45~17:00

新しい総合的認知症ケアの実践(2)
本人の残存能力を引き出し自立を支援する環境、BPSDを防ぐ環境の考え方と実践

環境が人の行動に及ぼす影響力は大きく、特に認識力や遂行機能等が低下している認知症の方は、環境設定により大きく活動レベルが変化します。この講座では、認知症と環境に関して、本人の残存能力を引き出す環境づくり、BPSDの発生を低下させる環境づくりについて説明します。

<予定している当日の内容>

・環境の種類

・認識力低下に対する環境設定の考え方と実際

・記憶力をあまり必要としない環境設定の工夫

・注意の持続力が低下していても認識しやすい環境設定の工夫

・手続き記憶を引き出す環境づくり ほか

参加する

会場までのアクセス

お気をつけて会場までお越しください

大阪会場

CIVI研修センター新大阪東

大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号
JR「新大阪」駅東口より徒歩1分。

東京会場

人事労務会館

東京都品川区大崎2-4-3
JR山手線「大崎」駅北改札・西出口より徒歩3分。
参加する

参加に当たっての注意事項

下記内容をご一読の上、お申し込みください

・お申し込み後、入金のご案内を「FAX」「メール」「郵送」いずれかの方法にてお送りいたします。お申し込み後、1週間を経過しても入金案内が届かない場合は、事務局までご連絡ください。

・入力項目では、必要事項に漏れがないようご入力をお願いいたします。

・お申し込み時にいただいた情報は、当研究会の研修管理・運営のみに使用いたします。

・参加費の納付を持って正式申し込みとなります。

・ご入金後の参加費の返金はいたしませんが、参加者の変更は可能です。

・席順は決められておりません。研修当日の各講座での着席順となります。

申し込む
Λ