第17回日本通所ケア研究大会(合同開催)第14回認知症ケア研修会in福山
リハ職向けセミナー①
岡本隆嗣

岡本 隆嗣 氏

医療法人社団朋和会 理事長

【リハ職向けセミナー1】2018年11月16日(金)13:15~15:15 【会場】まなびの館ローズコム

生活期リハビリテーション改革

・魅力ある通所リハのプログラム
・通所リハの改革
・運営システム・新規利用者の確保
・効果を上げる工夫

生活期リハビリテーションの要となる通所リハ。通所介護との機能分化で魅力ある通所リハプログラムの工夫や新規利用者が回ってくる運営システムの構築など成果と効果を出すことが求められています。そのために必要な条件である医師・セラピスト・看護師・介護職の関わり方など、西広島リハビリテーション病院が実践している事例などをお伝えいたします。

【講演のポイント】

・リハビリテーションプログラム

・リハビリテーション会議の工夫

・家族の参加

・PDCAサイクルの確立

・ICFの活用

【魅力ある通所リハづくりのポイント】

生活を支えるリハビリテーション

【それぞれの職種の今後のあるべき姿について】

PDCAサイクルの確立とICFの活用

【本講演中の重点箇所】

リハビリテーション戦略をどのように立てるのか

【参加される方へのメッセージ】

生活期リハビリテーションの在り方を一緒に考えましょう

≪ 参加申し込みはこちら
リハ職向けセミナー2
川野剛士

川野 剛士 氏

社会医療法人関愛会
在宅リハビリテーション課 課長

【リハ職向けセミナー2】2018年11月16日(金)16:00~18:00 【会場】まなびの館ローズコム

通所リハ・訪問リハなど在宅生活期リハを支える
リハ職が実践すべきリハビリテーション戦略

リハビリテーションの多様性・各種アプローチ・システムツールの工夫・リハマネ加算算定の工夫

障がいを負っても、その人らしい生活を構築するために、その人の生活背景までを踏まえた個別性を重視したリハビリテーションが求められています。またそのリハビリテーションは多岐多様にわたり、柔軟に対応できる体制が必要となっています。このセミナーではそれらの取り組みをご紹介しながら、また退院後、早期に介入できるための工夫や通所リハ・訪問リハの強みを活かしたアプローチ、地域包括ケアを踏まえたシステムの工夫などをお伝えいたします。

【講演のポイント】

・リハビリテーションの多様性

・「活動」「参加」を見据えたリハビリテーション

・早期介入のポイント

・リハマネ加算算定の工夫

・通所リハ・訪問リハの強みを活かした介入

【同時改定後の通所リハ・訪問リハなどの部門での変化】

通所リハに関しては、同時改定後、リハマネ加算Ⅲの算定をベーシックに実施しています。セラピストが生活の場に足を運ぶことが多くなり、ご利用者様を取り巻く、関係事業所との連携も以前より強くなってきているように思います。しかし、その反面、セラピストの業務負担が多くなってきており、システム改善が求められています。

【通所リハや訪問リハが目指すべき姿】

通所リハと訪問リハは密な関係が図れるような体制作りが重要と考えています。通所リハの強みと訪問リハの強みがうまくマネジメントされることで、その人らしい生活がより短期間で構築されやすいと感じています。また退院後、早期に介入するためにも、退院前から医療現場にも足を運べる環境を作ることも重要であると思います。

【本講演中の重点箇所】

障がいを負っても、その人らしい生活を構築するために、その人の生活背景までを踏まえた個別性を重視したリハビリテーションが問われます。中には、リハ意欲の乏しいご利用者様や困難事例に直面することもあります。そのような場合、どのように介入していくのか?あきらめずに介入し、その人らしさを踏まえた介入により、変化した事例などもお伝えする予定です。

【参加される方へのメッセージ】

この10年間、生活期の中で実践してきたリハビリテーションの事例の中から奇跡的な変化、コミュニケーションや動機付けが重視された事例など、「活動」や「参加」を見据えた通所リハビリでの意欲をかき立てる仕掛けなど、動画を交えてお伝えする予定です。ぜひ、多くのご参加をお待ちしております。

≪ 参加申し込みはこちら
リハ職向けセミナー3
長谷川正哉

長谷川 正哉 氏

県立広島大学保健福祉学部
理学療法学科 准教授

【リハ職向けセミナー3】2018年11月17日(土)13:15~15:15 【会場】まなびの館ローズコム

転倒予防の考え方と介入方法

足と靴から高齢者の転倒リスクを考える
※参加者は【紐のついた靴】でご参加いただくか紐靴をご持参ください※

足部機能の低下や不適切な靴の着用は転倒リスクにつながります。本セミナーでは高齢者の靴選びの基本と足部機能のチェック方法、トレーニング方法などを体験しながら学びます。

【講演のポイント】

・高齢者の足部障害と転倒について

・高齢者の靴と転倒について

・靴の選び方と使い方について

・足部機能のセルフチェックについて

・足部のセルフトレーニングについて

【当日予定している内容】

・高齢者の転倒に関するクイズ

・足サイズ計測実習(2名1組で実習)

・足サイズに関する情報提供

・靴に関する構造説明(各自持参した靴を見ながら)

・高齢者の足指機能を補う靴

・靴の履き方実習(各自実習)

・足の機能のセルフチェック(各自実習)

・足の機能とバランスに関する情報提供

・足部トレーニング方法の紹介と一部体験(各自実習)など

【リハビリやケアの質を上げるためにリハ職・介護職に必要な視点】

・常に対象者の内的(心的)表象を推察しようとする心構え
・十人十色のスタッフが居るから、十人十色の対象者をサポート出来るという大らかな心構え
・各スタッフの特色を認め合う(知る)ための共感的コミュニケーション

【「不安定さ」「痛み」「怖さ」を軽減するためのアプローチ】

・対象者の内観を高めるアプローチ
・対象者の注意の方向性を誘導するアプローチ
・動作課題の難易度設定
・外的環境支援

【本講演中の重点箇所】

実践を多く含みます。楽しみながらご参加頂けます。

【参加される方へのメッセージ】

ヒモやマジックテープがある靴でご参加ください。

≪ 参加申し込みはこちら
リハ職向けセミナー4
長谷川正哉

長谷川 正哉 氏

県立広島大学保健福祉学部
理学療法学科 准教授

【リハ職向けセミナー4】2018年11月17日(土)16:00~18:00 【会場】まなびの館ローズコム

リハ職が理解・実践すべき感覚で伝える動作指導方法の実践と臨床応用

※持参物に記載していた「携帯用デコシール」はご利用者への適応が少し難しい(足部トラブルの原因になる可能性がある)ため、不要となりました。参加者の皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

介護現場では寝返り、起き上がり、立ち上がり、移乗、歩行など、さまざまな「動き方を教える」場面に遭遇します。本セミナーでは感覚を用いて動作指導するメリットとその実践例について紹介します。

【講演のポイント】

・百聞<百見<百考<百行<一果

・感覚を用いた動作指導の体験

・感覚を用いた動作指導のメリット

・感覚を用いた歩行指導の紹介

・症例紹介

【当日予定している内容】

・感覚を用いた運動指導の体験(2名1組で体験)

・感覚を用いた運動指導のメリット1(講義)

・感覚を用いた運動指導のメリット2(講義)

・相手の荷重位置と動きの関係を評価(評価実習2名~3名1組)

・歩行中の荷重位置と感覚の関係

・知覚入力型インソールの紹介

・高齢者に対する歩行指導の効果に関する検討(2人で検討)

・変形性膝関節症に対する歩行指導の効果に関する検討(2人で検討)

・パーキンソン病に対する歩行指導の効果に関する検討(2人で検討) など

【リハビリやケアの質を上げるためにリハ職・介護職に必要な視点】

・常に対象者の内的(心的)表象を推察しようとする心構え
・十人十色のスタッフが居るから、十人十色の対象者をサポート出来るという大らかな心構え
・各スタッフの特色を認め合う(知る)ための共感的コミュニケーション

【「不安定さ」「痛み」「怖さ」を軽減するためのアプローチ】

・対象者の内観を高めるアプローチ
・対象者の注意の方向性を誘導するアプローチ
・動作課題の難易度設定
・外的環境支援

【本講演中の重点箇所】

実践を多く含みます。楽しみながらご参加頂けます。感覚を用いた動作指導は老若男女、障がいの有無や職種を問わず実践できる方法です。様々な職種の方にご参加頂けます。

【参加される方へのメッセージ】

「理解しやすさ」に重点を置いていますので,様々な職種の方にご参加頂ければと存じます。

≪ 参加申し込みはこちら
ページトップ ▲