TOP

新しいプログラム構築のヒントが欲しい!現場ケアを見直したい!そんな熱い想いを持った人集まれ!

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山
日程:2013年11/16〜17 会場:リーデンローズ、アルセ、まなびの館ローズコム

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)

シンポジウム

日時:2013年11月16日(土) 13:45〜15:45 【会場】リーデンローズ

やる気にさせる!伸ばす!介護スタッフ育成の工夫

団塊の世代の高齢化に伴い、介護サービスの需要は増大していく中で、慢性的な人手不足に悩む介護業界。このギャップをいかに解消させ人材を確保し、質の高いサービスを提供していけばよいのか。

このシンポジウムでは、「スタッフ定着率の高さ」「高水準の雇用満足」「スタッフ意識の高さ」に特徴を持つ事業所・施設を運営する3人の講師に具体的な人材確保・育成の手法とマネジメント術を公開していただきます。

<当日の進行内容>

・介護職員の現状とこれから

・各シンポジストの職員状況公開

・各シンポジスト人材の確保・定着・育成の方策を発表

(1)職員確保で工夫していること、定着促進で工夫していること

(2)職員育成の視点、実施していること、工夫していること

(3)職員育成の効果判定の方法・結果 など

(4)長年勤める職員が増えた時に、その職員にどのように報いるか

(5)将来、職員の生活を充実させるために必要なこと、実施していること

・事例検討(フリートーク)

【事例1】前向きに新しいことを提案する職員に対して反対や嫌がらせがある場合

【事例2】問題職員(遅刻、事故が多い、利用者への対応が悪い、仕事をしない)がいる場合

【事例3】問題の多い職場(職員のやる気がない、離職率が高い)を改善する第一歩について

・質疑応答、まとめ

【進行役】

日本通所ケア研究会会長

妹尾 弘幸

公式ホームページ

<法人所在地>

広島県福山市

<紹介文>

職員全員に法人独自のキャリアアップ手帳を配布し、職員のキャリアパスとレベルアップを具現化させている。介護スタッフ育成として「自分で考える能力」と「伝える力」を養成するために全国規模の学会での発表に力を入れており、ほぼ全ての常勤スタッフが全国レベルの学会発表を入社1〜2年で終えている。その成果もあり、離職率は5%以下の水準を実現している。

【シンポジスト】

株式会社アール・ケア代表取締役

山根 一人

公式ホームページ

<法人所在地>

岡山県玉野市

<紹介文>

徹底したご利用者ニーズの追求とおもてなしの心、さらに高い専門性の高いサービス提供で「ブランド力」を築きあげている。近隣の他事業所にない独自の強みを生かした「ブランド力」と大胆な工夫や仕掛けで高水準の顧客満足・雇用満足を実現している。高品質なサービスを提供するスタッフの育成と意識改革はどのように実現しているのかを山根氏にお話しいただきます。

<高品質なサービスを提供するスタッフの育成と意識改革術>

・トップの想い、語り
・朝礼でのスタッフ3分間スピーチ
・具体的行動基準の提示

この講師の情報をもっと見る

社会福祉法人あかね統括本部長

松本 真希子

公式ホームページ

<法人所在地>

兵庫県尼崎市

<紹介文>

介護に対するマイナス要素を打ち消すような驚きに満ちた取り組みとして、大阪モード学園とタイアップした制服プロジェクトや介護技術と組織力向上を目指す介護オリンピック「あかねグランプリ」の開催、入職後のキャリアが一目で分かる「ケアマイスター制度」を導入している。また法人内に経営戦略室を設け、介護の枠にとらわれない自由な発想の実現は、人材採用における就職フェアでブース出展すれば求職者が行列を形成する。

<人材を惹きつけるための戦略>

・独自のキャリアアップ制度で高いモチベーションを維持する
・独自の研修や技術オリンピックの開催で安心感と躍動感
・他に類を見ない新しい取り組みの発信と企業ブランディング
・年功序列ではなく仕事の成果を収入に反映して評価する
・業界のイメージ転換が目に見えて分かる取り組み

この講師の情報をもっと見る

プライマリーグループ代表取締役

梅澤 伸嘉

公式ホームページ

<法人所在地>

群馬県桐生市

<紹介文>

「仕事に対する肯定的な考え方」「会社理念」「クレド」の3つを土台にスタッフのあり方を示して、スタッフのプロ意識を育みモチベーションを高めて低離職率を実現している。「スタッフが笑顔で楽しく仕事をしている」=「ご利用者の幸せで安心した生活の実現」。この関係性の築き方こそが安定した事業運営の基盤だと考えている。

<スタッフを大切に育てるためのポイント>

・スタッフがわくわくする動機づけ
・その人の持っている可能性を信じる
・やり方を教えるだけではなく、時には一緒に考える(考えてもらう)

この講師の情報をもっと見る
参加される皆さまへ
参加申し込み
一般演題発表申し込み
参加者交流会について
大会講師陣のご紹介
昨年の大会に参加された方の声
申し込みの変更・キャンセル
大会について
開催概要
会場・交通アクセスについて
宿泊について

その他

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)
※一般演題発表者はプラス1単位

大会インフォメーション

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山

主催:日本通所ケア研究会 / 福山認知症ケア研究会

共催:NPO法人日本介護福祉教育研修機構

【大会事務局・資料請求・お問い合わせ】

〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641

メール:info@tsuusho.com / HP:http://www.tsuusho.com/

後援団体一覧(順不同)

・福山市

・社会福祉法人福山市社会福祉協議会

・公益社団法人日本介護福祉士会

・公益社団法人広島県介護福祉士会

・社団法人日本社会福祉士会

・公益社団法人広島県社会福祉士会

・広島市域通所サービス連絡協議会

・一般社団法人日本認知症ケア学会

・一般社団法人日本言語聴覚士協会

・一般社団法人日本作業療法士協会

・公益社団法人日本理学療法士協会

・公益社団法人広島県理学療法士会

・独立行政法人福祉医療機構

・シルバー新報

・シルバー産業新聞

・中国新聞備後本社

・エフエムふくやま