TOP

新しいプログラム構築のヒントが欲しい!現場ケアを見直したい!そんな熱い想いを持った人集まれ!

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山
日程:2013年11/16〜17 会場:リーデンローズ、アルセ、まなびの館ローズコム

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)

現場向け実技分科会 A

日時:2013年11月16日(土) 16:30〜18:30 【会場】アルセ

反射神経を活性化させ生活機能を高めるための実践方法
〜ビジョントレーニング〜

生活に視点を置くリハビリテーション理論に基づいた自立支援的介護でいろいろな方向から本物の介護サービスを提供する創心會グループ。ご利用者の「想い」を実現するためのリハビリケアは多種多様に富んでいます。この分科会では、日常生活の適応能力の向上に効果があるビジョントレーニングの理論から実技までを二神氏がユニークかつ具体的にお伝えいたします。

株式会社創心會代表取締役
作業療法士

二神 雅一

公式ホームページ

筋力強化よりも反射神経を鍛える!

【当日の分科会のポイント】

・ビジョントレーニングとは?(視力トレーニングではない)

・反応速度と転倒の関係について

・視覚機能とは

・筋力強化より反応速度を鍛えた方が転倒の予防になる

・ビジョントレーニングの実践

この講師の情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 B

日時:2013年11月16日(土) 16:30〜18:30 【会場】アルセ

デイで行うプログラム開発の考え方
〜プログラムの開発に必要なスタッフの定着と評価から〜

ご利用者が自宅でもご自身でやってみたいと思う積極性を生み出す独自性の高い運動プログラムを提供している通所リハビリテーション樫の森&かわせみ。介護スタッフごとの個性や視点を生かし各々が得意分野のプログラムを提供することでマンネリ防止の創造力を生み出しています。この分科会では、プログラムの開発に欠かせないスタッフの定着と評価の観点から、いかに新しい活動プログラムとご利用者のやる気を生み出しているのかを実際の事例を交えながらお伝えいただきます。

医療法人社団川瀬神経内科クリニック事務長 / 通所リハビリテーション樫の森担当

川瀬 弓子

公式ホームページ

マイプログラムの創造支援

【当日の分科会のポイント】

・ご利用者の積極性を生み出すオリジナルの運動プログラム

・認知症の対応は環境(人物・建物・自然・食)を整えること

・認知症リハビリ脳活性訓練(芸術療法)は人材育成となる

・認知症の対応は全人的であり生涯学習である

・医療、介護に法律市民活動も加えた新たな連携(セーフティネット)が急務である

・通所リハビリテーション樫の森プログラムのマニュアル紹介

この講師の情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 C

日時:2013年11月16日(土) 16:30〜18:30 【会場】アルセ

ご利用者の生活を改善させるリハビリ骨盤体操

日常生活場面における姿勢や動作の中で、「骨盤」に目を向けた評価方法をご紹介いたします。日々のケアの視点とは違う角度から、ご利用者の姿勢・動作が評価できるようになります。この骨盤体操で、明日からの現場ケアとご利用者が劇的に変わります。

ありがとうグループ理学療法士

野田 和美

公式ホームページ

姿勢・動作の改善でADLを高める

【当日の分科会のポイント】

・骨盤の見方が分かる

・骨盤の動きが分かる

・骨盤の影響する姿勢・動作が分かる

・骨盤の動きが分かると、楽しく骨盤の運動ができる

・立位、座位、臥位の見方や重心移動について分かる

この情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 D

日時:2013年11月16日(土) 16:30〜18:30 【会場】アルセ
※この分科会は定員に達しました

BOSSプログラム
〜呼吸・発声・口腔・嚥下への実践的アプローチ〜

呼吸・発声・嚥下は生命に直結しているにも関わらず、口腔ケアへの関心が薄いご利用者は多くありませんか?この分科会では、ご利用者が興味を持って取り組める口腔ケアプログラムを実際に体験しながら学んでいただきます。

ありがとうグループ言語聴覚士

城野 香也子

公式ホームページ

呼吸・発声・嚥下機能の改善で生活を変える!

【当日の分科会のポイント】

・呼吸、嚥下、発生の仕組み

・口腔ケアの必要性

・口から食べるということ

・口腔ケアにおける実践的な関わり方とコツ

・口腔ケアで介護予防

この情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 E・H

日時:2013年11月17日(日) 10:00〜12:00 / 13:30〜15:30 【会場】アルセ

午前・午後とも同じ内容になります。

ご利用者も介助スタッフも正しい身体の使い方ができる身体均整法

体の歪みはさまざまな心と体の不調を引き起こし、身体のバランスを崩させます。この分科会では、体のバランスを整え心身をリフレッシュさせる均整体操を中心に、ご利用者の介護予防やセルフマネジメントとしても使える、痛みやむくみの解消法と姿勢改善トレーニングの実技を通して学びます。講師は身体均整師として、身体均整法をベースにした家庭療法の開発にも力を注ぎ、多くの支持を得ている松岡氏です。

アピア均整院院長
身体均整師会支部理事

松岡 博子

公式ホームページ

身体を整えることの大切さ

【当日の分科会のポイント】

・ご利用者、自分の歪みを知ろう

・歪みをリセットする方法を覚えよう

・いつまでも立てる力(体幹力)をつけよう

・筋力を落とさないための体操あれこれ

・動く事の大事さを知ろう

この情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 F・I

日時:2013年11月17日(日) 10:00〜12:00 / 13:30〜15:30 【会場】アルセ

午前・午後とも同じ内容になります。

ADLを維持・向上するための小集団グループ体操

ADLの維持・向上と聞いて難しく考えていませんか。ADL(日常生活動作)は、ご利用者が毎日の生活をする上で必要不可欠なものです。この分科会では、ご利用者の「自分の事は自分でできるようになる」を実現するために、介護現場で実践したいアプローチの一つとして「体操」に焦点を当てて体操のバリエーションを学び体験していきます。明日からの現場ケアですぐに使える体操が満載です。

多機能リハビリセンターありがとう

公式ホームページ

小集団で行うことに意味がある!

【当日の分科会のポイント】

・ADLとは

・音楽に合わせたにち向上体操

・道具を使ったADL向上体操

・ADLの向上には何が必要なのか?

この講師の情報をもっと見る

↑ ページトップへ

現場向け実技分科会 G・J

日時:2013年11月17日(日) 10:00〜12:00 / 13:30〜15:30 【会場】まなびの館ローズコム
※この分科会は定員に達しました

午前・午後とも同じ内容になります。

身体疾患がある方、認知症の方…など
いろんな人が混在しても楽しむことができるレク・アクティビティ

「疎外感を与えない!役割づくりで全員参加を目指す。そして自信を失わせない。」をモットーにレク・アクティビティを展開されている尾渡氏。性差や障害を越え「みんなの中で笑っている自分」を感じてもらう為の楽しい時間を一緒に作る術は圧巻です。この分科会では、多くの高齢者と出会い、数多くのレクを実践してきた講師ならではの進行術やアイデアレクを皆さんにご利用者になったつもりで体験していただきます。

社会福祉法人興寿会教育実践研修センター認知症介護レクリエーション実践研究センター所長代理

尾渡 順子

公式ホームページ

個別レク、集団レクの楽しさの開拓

【当日の分科会のポイント】

・小さな関係づくり支援と大きな関係づくり支援

・ICFの役割と参加を見つける

・間延びしないレクゲーム(個人プレイの時間と労力)

・みんなで協力!生産性のあるお役立ちレク!

・年中行事、季節行事は日本人の心の拠り所

この講師の情報をもっと見る

↑ ページトップへ

参加される皆さまへ
参加申し込み
一般演題発表申し込み
参加者交流会について
大会講師陣のご紹介
昨年の大会に参加された方の声
申し込みの変更・キャンセル
大会について
開催概要
会場・交通アクセス
宿泊について

その他

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)
※一般演題発表者はプラス1単位

大会インフォメーション

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山

主催:日本通所ケア研究会 / 福山認知症ケア研究会

共催:NPO法人日本介護福祉教育研修機構

【大会事務局・資料請求・お問い合わせ】

〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641

メール:info@tsuusho.com / HP:http://www.tsuusho.com/

後援団体一覧(順不同)

・福山市

・社会福祉法人福山市社会福祉協議会

・公益社団法人日本介護福祉士会

・公益社団法人広島県介護福祉士会

・社団法人日本社会福祉士会

・公益社団法人広島県社会福祉士会

・広島市域通所サービス連絡協議会

・一般社団法人日本認知症ケア学会

・一般社団法人日本言語聴覚士協会

・一般社団法人日本作業療法士協会

・公益社団法人日本理学療法士協会

・公益社団法人広島県理学療法士会

・独立行政法人福祉医療機構

・シルバー新報

・シルバー産業新聞

・中国新聞備後本社

・エフエムふくやま