TOP

新しいプログラム構築のヒントが欲しい!現場ケアを見直したい!そんな熱い想いを持った人集まれ!

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山
日程:2013年11/16〜17 会場:リーデンローズ、アルセ、まなびの館ローズコム

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)

Takayuki Komuro

小室 貴之(こむろ たかゆき)

在宅療養支援楓の風グループ 代表

出身地 ・・・ 埼玉県

血液型 ・・・ A型

性 別 ・・・ 男性

経歴

1971年生まれ。立教大学大学院卒。民間企業、病院勤務、医療法人経営を経て、2001年楓の風を設立。同代表理事に就任。現在、在宅療養支援楓の風グループ(NPO法人楓の風、医療法人社団楓の風、株式会社楓の風、有限会社マザーリーフ)CEO兼コンサルタント。リハビリ型デイの先駆モデル「デイサービス高ヶ坂」を平成15年に開設。短期満員を遂げ、以後、直営施設、FC施設、コンサルティング顧問先施設等、新規開設、業務改革、稼働率向上等数多く取り組み、その全てを成功へと導いている。通所関連の専門誌に連載多数。通所運営の各種セミナー講師も務める。社会福祉士、経営学修士(MBA)。

【主な論文】
・デイサービス事業安定運営のための提言
Proposal for Stable Management of Ambulatory Nursing Daycare Services
・在宅療養時代に求められる「連携」のあるべき姿
〜「7つの共有」から導き出される創造的なケア〜

デイづくりにおけるスタッフの働きがいを生む動機づけのポイントを教えてください。

「成果」の共有と「共感」の仕組みづくり。

経営効率とサービスの質を高いレベルで両立させる秘訣を教えてください。

デイサービスの目的と役割を理解し、指定基準通りの人員で施設運営をし、多額の設備投資をしないこと。

今回の先生の講演の中で、参加者にココだけは押さえて帰ってもらいたいというポイントを教えてください。

デイサービスの目的と役割を理解し、正しい自立支援を実践する事とは何かを、きっちりお伝えします。
そして、我々の喜び、利用者・家族・ケアマネの心を掴んで離さない「絆づくり」をお伝えします。

デイの運営に悩みを抱える経営者・管理者の方へのメッセージをお願いします。

設備やプログラムにどれだけ力を注いでも、持続的な差別化は不可能です。必ず後発の施設にキャッチアップされてしまいます。
今回のセミナーでは、持続可能な「勝利の要素」とは何かをお伝えします。

▼ 事務局のおススメ!小室先生の活動をもっと知りたい方はこちら ▼

※画像をクリックしていただくと詳細がご覧いただけます。

楓の風グループの紹介がご覧いただけます。

小室先生のブログで現在の活動がもっと分かる。

楓の風グループのfacebookページ。

利用者増への具体的な取り組みがPDFデータでご覧いただけます。

時代をリードする法人リポート
【楓の風グループ】

通所事業所運営における持続的先進性の要素とプロセスがご覧いただけます。

  • この講師の講座内容を見る
参加される皆さまへ
参加申し込み
一般演題発表申し込み
参加者交流会について
大会講師陣のご紹介
昨年の大会に参加された方の声
申し込みの変更・キャンセル
大会について
開催概要
会場・交通アクセス
宿泊について

その他

本大会は、日本認知症ケア学会単位認定講座です。(認知症ケア専門士単位:2単位)
※一般演題発表者はプラス1単位

大会インフォメーション

第11回日本通所ケア研究大会(合同開催)第9回認知症ケア研修会in福山

主催:日本通所ケア研究会 / 福山認知症ケア研究会

共催:NPO法人日本介護福祉教育研修機構

【大会事務局・資料請求・お問い合わせ】

〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641

メール:info@tsuusho.com / HP:http://www.tsuusho.com/

後援団体一覧(順不同)

・福山市

・社会福祉法人福山市社会福祉協議会

・公益社団法人日本介護福祉士会

・公益社団法人広島県介護福祉士会

・社団法人日本社会福祉士会

・公益社団法人広島県社会福祉士会

・広島市域通所サービス連絡協議会

・一般社団法人日本認知症ケア学会

・一般社団法人日本言語聴覚士協会

・一般社団法人日本作業療法士協会

・公益社団法人日本理学療法士協会

・公益社団法人広島県理学療法士会

・独立行政法人福祉医療機構

・シルバー新報

・シルバー産業新聞

・中国新聞備後本社

・エフエムふくやま