日程・会場案内などの開催概要

日 時:

2019年6月15日(土)・16日(日) 両日共に10:00~15:00

会 場:

CIVI研修センター秋葉原(JR秋葉原駅より徒歩5分)

受講料:

【2日間】39,000円(税・資料代込)【1日のみ】25,000円(税・資料代込)

講 師:

妹尾 弘幸
(株式会社QOLサービス代表取締役/総合介護施設ありがとう総施設長)

その他:

2日間お申し込みの法人は1日目と2日目の参加者の変更可

セミナーの内容

【1】介護の動き、将来予測

(1)介護保険制度に関する動きとその対応

● 処遇改善加算導入までにしておかないと後悔する人事制度・評価制度の導入 ● 処遇改善加算算定に必要なこと ● 消費税導入時に必要な書類変更 ● 共生型サービス再確認、参入するかしないか ● 混合サービス・自費サービスについて

(2)介護に影響を与える他の動きとその対応

● 働き方改革 違反・罰金で事業所取り消し、計画的対応が必須 ● 入管法改正で外国人労働者が急増 ● 建築基準法で新たな事業展開が… ● 介護M&Aのリスク、集約・巨大化による地域ケア崩壊リスク

【2】スタッフマネジメント

(1)職員確保

● 就職説明会に毎月10名以上の参加! ありがとうグループの職員確保法を教授 ● その他 各種職員確保の方法

(2)職員定着

● 10年以上離職率5%以下のありがとうグループの定着のノウハウを公開 ● その他 定着方法について

(3)職員育成

● 職員の95%以上が全国レベルの大会・学会発表経験者!ありがとうの育成システムを伝授 ● その他 育成方法について

(4)外国人介護従事者の制度を理解する

(5)外国人依存は将来の事業崩壊を招く

【3】通所系サービスの運営

(1)通所系制度の動き

混合介護・自費サービス、共生型デイ、総量規制、予防事業移行、効果加算推進、デイに影響を与えるその他サービス

【4】利用者増に向けて

(1)利用者増の視点

● 利用者増は3因子への対応 ● 新規利用者獲得の流れは5ステップ ● キャンセル原因の把握と対応 ● 生き残るデイのため、取り入れる5つのポイント

(2)デイのウリ・特徴の作り方

(1)現在の様々なデイ 特徴分類

● 現在の全国各地のデイを分かりやすく分類 ● 疾病特化型・目的特化型などの具体的特徴

(2)自デイのウリの作り方

● ウリはこう作る!! マトリックス法  他 ● ウリの大原則は「効果を出す」 → 何を「効果」とするか

【5】入居系サービスの運営

● 入居待ち90名超えのグループホーム、開設3ヶ月で満室の「ありがとうグループ」の入居施設を紹介 ● 利用者増の入居系の特徴の作り方 ● 事業所で多い指導・監査指摘事項

【6】将来に向けた事業展開

● 関係各部の動きと地域包括ケアの将来予想図  他

講師の運営する施設の特徴

妹尾 弘幸 氏

・株式会社QOLサービス 代表取締役

・「月刊デイ」「デイと介護の経営と運営」総編集長

・総合介護施設ありがとうグループ 総施設長

・理学療法士

・早稲田大学大学院 元非常勤講師

東京都県出身。川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。 1998年にPT勤務と共に有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門、多機能地域ケアホームありがとうを開設。 現在は、株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「介護の経営と運営」「リハージュ」「ケアレク」などを発行する傍ら、教育部門では各種養成講座や全国規模の研修会を開催している。 介護部門のありがとうグループは、グループホーム、看護小規模多機能居宅介護、デイサービス8施設、居宅介護支援ステーション、サービス付高齢者住宅、訪問介護・看護事業所などを運営している。 介護給付費分科会、介護保険サービスに関する関係団体懇談会などを傍聴し、いち早く事業展開の舵を切っている。 【施設の特徴】
■グループホーム(定員18名)入居待ち90名超え!デイサービスを徒歩1分圏内に9事業所開設。すべての事業所が異なる特徴を持つ!サ高住3棟全て開設3ヶ月で満床、以後キャンセル待ち継続!
■職員の離職率10年以上5%以下! 育休・産休復帰率100%
■正職員率75%、正職員の95%超が全国レベルの学会・大会発表経験者!!
■平成31年の就職説明会にも、毎月10名以上参加(有資格者率8割以上)!!
ページトップ ▲