通所ケア、認知症ケアに携わる人応援サイト…各種セミナー、講座であなたのスキルアップをお手伝いいたします。

介護現場の知識・技術の向上を図る… 日本通所ケア研究会 HOME 介護の研修 スキルアップ 会員登録 書籍コーナー
お問い合わせ 研究会概要 養成講座概要 プライバシーポリシー リンク  
HOME ≫ 養成講座概要
養成講座概要 〜下記養成講座の概要を掲載しています。なお、不明な点がございましたらお気軽に事務局までお問い合わせください。
講師:妹尾 弘幸
月刊デイ編集長/日本通所ケア研究会会長/多機能施設ありがとう総施設長
理学療法士 ・認定理学療法士(介護予防・呼吸) ・介護福祉士 ・介護支援専門員・認知症ケア専門士 ・通所ケア専門士 ・キネステティクスアドバンスコース終了・バリデーションワーカー ・タクティールケアTコース受講中 ・福祉レクワーカー 他
病院で20年間理学療法士として勤務後、1998年に「有限会社Q.O.Lサービス」を設立し出版業務を主軸に活動を開始。2003年に「多機能地域ケアホームありがとう」、翌年には、「リハビリセンターありがとう」を開設。2006年には社名を「株式会社QOLサービス」に変更。現在も、多くの執筆活動をする傍ら、全国での講演活動や施設取材なども精力的におこなっている。
コース 金額
通所ケア専門士養成講座 一括申し込み (@ABCを一括申し込み) 100,000円
 @ ケアインストラクター ベーシックコース 30,000円
 A 認知症ケアインストラクター ベーシックコース 30,000円
 B 通所事業所マネジメントインストラクター ベーシックコース 20,000円
 Cケアレクインストラクター ベーシックコース 30,000円
ケアレク専門士養成講座 一括申し込み (CDEFを一括申し込み) 95,000円
 D ケアレクインストラクター アドバンスドコースT(介護予防のリハビリレク) ※22,000円
 E ケアレクインストラクター アドバンスドコースU(パーソン・センタード・レク) ※22,000円
 F ケアレクインストラクター シニアコース 30,000円
リハビリケア専門士養成講座 一括申し込み (GHIを一括申し込み) 135,000円
 G リハビリケア専門士養成講座(リハビリ介護専門士養成講座) 45,000円
 H リハビリケア中級専門士養成講座 45,000円
 I リハビリケア上級専門士養成講座 45,000円
※ケアレクインストラクター講座アドバンスドコースの受講料は、通所ケア専門士養成講座一括申し込みをされた方は18,000円ケアレクインストラクターベーシックコース・アドバンスドコース修了されている方は20,000円となります。
ページトップ
通所ケア専門士養成講座
 全コース、テキストがお手元に届いてから2年間が受講期限となります。2年以内に規定のスクーリングへの出席とレポートの提出が必要となります。
 各通信教育はレポートの提出が義務付けられています。レポートの内容によりA〜Dで評価します。A〜Cが合格となりますので、採点の結果D判定となった場合は、C以上の判定が出るまで再提出していただきます。なお、再提出・再評価についての追加負担はございません。受講期限内であれば、何度でも再提出いただけます。
ケアレク専門士養成講座
 ケアレクインストラクター講座(ベーシック)のみ、テキストがお手元に届いてから2年間が受講期限となります。その他のコースにつきましては、受講期限はございません。
 ケアレクインストラクター講座(ベーシック)のみレポートの提出が義務付けられています。レポートの内容によりA〜Dで評価します。A〜Cが合格となりますので、採点の結果D判定となった場合は、C以上の判定が出るまで再提出していただきます。なお、再提出・再評価についての追加負担はございません。受講期限内であれば、何度でも再提出いただけます。
 ケアレクインストラクター講座(シニア)のリサーチペーパーについては、スクーリング受講時に説明いたします。提出期限は、スクーリング修了日より1年間となります。リサーチペーパーを提出し、合格するとケアレク専門士に認定されます。
リハビリケア専門士養成講座(リハビリ介護専門士養成講座)
 各講座とも事前学習資料がお手元に届いてから2年間が受講期限となります。2年以内に規定のスクーリングへの出席とレポート提出が必要となります。(平成20年度のみ受講期限は3年間となります。)
 「リハビリケア専門士」「リハビリケア中級専門士」「リハビリケア上級専門士」の認定を希望される場合はレポート提出が必須となります。レポートは内容によりA〜Dで評価します。A〜C評価が合格となりますので、採点の結果D判定となった場合は、C以上の判定が出るまで再提出していただきます。なお、再提出・再評価についての追加負担はございません。受講期限内であれば、何度でも再提出いただけます。
ページトップ
通所ケア専門士養成講座
<受講資格>
 介護現場でのスキルアップを目指されている方ならどなたでも受講いただけます。
<上級資格>
 通所ケア専門士養成講座を全講座修了し「通所ケア専門士」に認定されますと、さらなる上級資格を目指すことが出来ます。認定後のレベルキープ・更なるスキルアップのために、日本通所ケア研究会主催および推薦の「専門士認定」研修会への参加や、研究発表や論文を投稿するという活動がポイントに換算され、そのポイントの累計が基準に達した場合に中級・上級と認定させていただきます。上級に認定されますとトレーナーコースに進むことができ、通所ケア専門士養成講座の講師として活動していただきます。
ケアレク専門士養成講座
<受講資格>
●ベーシック・アドバンスドコース
 介護におけるレクの基本知識・技術の取得を目指されている方や、最新のテーマに沿った内容のレクの基本から応用まで身につけたい方ならどなたでも受講いただけます。
●シニアコース
 指導者としてのコミュニケーションとレクリエーション能力向上力を身につけていただくため、ベーシックコース及び、アドバンスドコースT・Uを受講していることが条件となります。
リハビリケア専門士養成講座(リハビリ介護専門士養成講座)
<受講資格>
リハビリケア専門士
 介護現場におけるリハビリの基礎知識・技術を取得したい方、リハビリに興味がある方ならどなたでも受講していただけます。
リハビリケア中級専門士
 本講座のみの受講も可能ですが、「リハビリケア中級専門士」の認定を目指す場合は、「リハビリケア専門士養成講座」を受講していることが条件となります。
リハビリケア上級専門士
 「リハビリケア中級専門士」に認定されていることが必要です。
ページトップ