セミナー内容のご紹介

(1)転倒について・・・転倒予防の視点、転倒原因

(2)転倒関連評価・・・介護現場で使える各種転倒関連評価の紹介

(3)原因別アプローチ

1)筋力増強・関節可動域訓練
 転倒予防の3大筋・4大筋・6大筋の筋トレ、ROMex

2)バランス・転倒防御反射訓練
 各種バランス訓練、転倒を防御する各種反射の促通

3)VACトレーニング
 ビジョン・アテンション・コグニショントレーニング

4)自己身体認知訓練

5)身体−環境認知訓練

6)歩行訓練
 現場での歩行訓練の具体的方法、応用歩行訓練

7)自己身体認知訓練

8)自己能力認知訓練

9)転倒予防のレク、転倒予防の各種器具、トピックス

お風呂の前後や靴の脱着の前後に行う専門的・効果的な足首への可動域訓練や、両下肢合わせて3分で行える効果的な転倒予防の筋トレなど介護現場で使える技術を学びます。

すべての訓練の基本となるROM・筋力バランス、転倒予防について、専門的知識・技術を身につけるチャンスです!

開催概要

日 時:

2017年6月30日(金)10:00〜15:00

会 場:

ウィリング横浜
(市営地下鉄「上大岡駅」より徒歩約3分)

受講料:

15,000円(税・資料代込み)

定 員:

36名(先着申し込み順)

その他:

当日は運動しやすい服装でお越しください

講師紹介

妹尾 弘幸 (せお ひろゆき)

・株式会社QOLサービス 代表取締役

・早稲田大学大学院 非常勤講師

・理学療法士

・介護福祉士

川崎リハビリテーション学院卒業後、救急病院、県立病院などで理学療法士として勤務する傍ら、介護福祉士養成学校などの非常勤講師を務める。1998年に理学療法士勤務の傍ら有限会社QOLサービス(現、株式会社QOLサービス)を設立。2004年に介護部門「多機能地域ケアホームありがとう」を開設。現在は株式会社QOLサービス代表取締役として「月刊デイ」「介護の経営と運営」などの定期購読誌を発行する傍ら、介護現場での臨床実践・研究なども精力的に行っている。

主催:日本通所ケア研究会
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686 / FAX:084-948-0641