介護保険外実践セミナー
新たな法人ブランディング・スタッフ満足モデルの構築!
- 開催のねらい -

マイナス改定必至!制度改正・報酬改定で変わる介護分野での成長戦略とは

介護報酬改定のたびに経営状況は厳しくなり、介護保険内では提供できないサービスへのニーズなど、保険外サービスの市場は拡大傾向にあります。介護事業所が新たな事業展開として保険外サービスを始める際、どのようにして始めたらよいのか。また行う保険外ビジネスは「レッドオーシャン(競争の激しい既存市場)」なのか「ブルーオーシャン(競争のない未開拓市場)」なのか。

本セミナーでは、他社の取り組みから今後の保険外ビジネスの動向を伺い、参入するのかしないのかの判断材料を提供いたします。

【実践のポイント】

・基盤は「強制」と「保護」の2面性を持つ介護保険サービスの事業安定
・ローカルを徹底的に!
・地域の課題と施設の空きの組み合わせ
・自施設のコンテンツに着目したビジネスモデル
・元気シニアの取り込み
・保険外サービスで利用者・スタッフの確保
申し込みフォームはこちら
- 開催概要 -

KFCビル

マイドームおおさか

JR博多シティ会議室

日 程:

<東京会場>2017年5月14日(日)10:00~15:30
<大阪会場>2017年6月12日(月)10:00~15:30
<福岡会場>2017年7月22日(土)10:00~15:30

会 場:

<東京会場>KFCビル(東京都墨田区横網一丁目6番1号)
<大阪会場>マイドームおおさか(大阪府大阪市中央区本町橋2-5)
<福岡会場>JR博多シティ会議室(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1)

講 師:

・西村 栄一氏(株式会社ヘルプズ・アンド・カンパニー 代表取締役)
・石原 孝之氏(コミュニティホーム長者の森 取締役/メディサポ静岡編集長)

参加費:

15,000円(税・資料代込み)
※午前・午後のみの場合8,000円

申し込みフォームはこちら
保険サービスが行き届かない細かなニーズを熟知しているのは
ココが参加のポイント

人材確保と利用者獲得を補う仕組み

今後も介護保険で施設経営をしていくのであれば保険外事業の構築は欠かせない

地域との関係づくりに特効薬はない!辛抱強いリサーチを重ねやり続ける!

- セミナー内容 -

<午前>10:00~12:00

「介護報酬に依存した経営から次の一手!今取り組むべきサービス」

講師:西村 栄一 氏(株式会社ヘルプズ・アンド・カンパニー 代表取締役)

【内容】

・すぐに使える21のキーワード

・介護保険外サービスのビジネスモデルにおける最も高付加価値な領域

・小規模事業者でも実践できる!介護報酬に依存しない介護事業所経営を目指して

・介護保険外サービス市場

・介護保険外サービス導入・取り組むべきサービス

・介護保険外サービス提供時のルール&取り決め

ほか

<午後>13:30~15:30

「成功実例に学ぶ!介護保険サービスと保険外サービスの効果」

講師:石原 孝之 氏(コミュニティホーム 長者の森 取締役/メディサポ静岡編集長)

【内容】

・0~100歳が共に生きる「ふじのくに型共生施設」

・デイサービス、保育所の休日を活かした新事業

・運営主体は地域のシニア世代

・地域を巻き込み根を張り続ける仕掛けとポイント

・3本の矢でつながるブランディング戦略

ほか
申し込みフォームはこちら
多様なサービスを生み出し、大きなヒントを与えてくれる講師陣
- 講師紹介 -

西村 栄一氏(にしむら えいいち)

熊本県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、株式会社テンポラリーセンター(現在のパソナ)に就職。1998年にワタベウエディング株式会社にて勤務。アメリカへ5年間の出向。2004年に同社を退職後、株式会社コムスン環状関西副支社長となる。2009年10月より現職。介護事業経営研究会(C-MAS)スペシャリスト、介護経営研究会(C-SR)顧問、社団法人日本介護協会(介護甲子園)執行役員、(株)ヘルプズ・アンド・カンパニー代表取締役。介護事業黒字化、クレーム対応、スタッフ研修など、介護事業全般についてコンサルティングおよびセミナーを実施し好評を得てている。現在多くの団体から「混合介護導入」「介護保険外サービス」をテーマにした講演依頼が多い。

- 介護保険外サービスを行うにあたってニーズを見極めるためのコツ -

利用者様のニーズはもとより、販売する側のその保険外サービス・商材を始めるにあたっての「愛情」があるかどうかが最大のコツです。また、利用者様のニーズがあるからといっても、その商材を紹介するケアマネジャーや、購入決定権を持つ家族の同意も大事でしょう。逆に、そこに同意があれば社会的資源として促進されていくではないでしょうか。

- 保険制度の制約がない分、気をつけないといけないこと -

売り手側の「これは絶対幸せになる」「これは絶対必要」という思い込みの排除と、第三者的な視点をどこまでニュートラルに保持できるかがポイントです。また、一人当たりの単価を上げようとすることよりも、より多くの方にご贔屓いただける商材かどうかが大事だと言えるでしょう。

- 今回の講演の中で一番の参加しどころ -

明日からすぐに使えるヒントとキーワードを講義に21入れています。どれがヒントになるか探してみてください。

- メッセージ -

5年10年先を見据えて経営して行かなければならないと言われますが、その一番重要な分岐点となる2018年がもう目の前に迫ってきています。どういう未来になるのか?それとも自分から仕掛けていくのか?そのきっかけになる講義になればいいと思っています。

西村栄一
申し込みフォームはこちら
石原孝之

石原 孝之氏(いしはら たかゆき)

静岡県出身。介護現場経験11年目で介護福祉士・介護支援専門員などの資格を持つ。焼津市キャラバンメイト会長・焼津市認知症対策連絡会委員を務める。コミュニティホーム長者の森は平成17年4月1日開設し、【介護部門】デイサービス長者の森、グループホーム長者の森、ショートステイ長者の森、ケアプラン長者の森を運営。【保育部門】保育所もりのくまさんを運営。【介護保険外事業】カフェコラレ、オープンスペース森のこかげ、森de朝市を展開している。これらはすべて同一建物内にあり、魚の町静岡県焼津市で0歳~100歳の“ふじのくに型共生施設”として運営し、厚生労働省が選ぶ「宅幼老所の取り組み事例」にも選定され、実践している「3本の矢政策」は全国各地から多数の見学者がきている。一般向け介護セミナー、介護現場からみる認知症ケアの視点、看取るという選択肢、良い施設の選び方、時代が求める介護福祉士像、リーダーのあるべき姿、人材育成など講演経験も多数あり。また、介護の魅力を伝えるための誌面媒体「メディサポ静岡」で編集長も務めている。

■執筆
「介護保険外サービスの始め方」(介護の経営と運営Vol.35)
「混合介護」(日総研)など書籍寄稿多数
■その他役職
・焼津市キャラバンメイト会長
・焼津市認知症対策連絡会委員

- 介護保険外サービス開始時の苦労 -

普通のカフェと違い地域のシニア世代が運営するというコンセプトを決め、お年寄りだけでなく幅広い世代が遊びに来れるカフェを作りたい。地域の介護施設でまだ誰もやったことのない事業だけに我々がイメージしているものはあったが、ボランティアさんとの波長を合わせて同じベクトルを合わせていくこと。何度も何度も練習や視察に行き、皆さんに説明をして理解を求めました。

- 地域に向けての様々なサービスの提供にあたって工夫していること -

介護施設がこうあるべきという従来の概念を取っ払い、若者や子どもも来やすい空間づくりを意識しました。イベントを多く行い飽きさせない仕組みを創り、森de朝市を行うことで、カフェコラレをもっとたくさんの人に知ってもらえるようになりました。その他にも集客の仕掛けが盛りだくさんです。

- 今回の講演の中で一番の参加しどころ -

キーワードは『組み合わせ』と『協力者』です。

- メッセージ -

主力事業である介護保険事業を加速させる保険外サービスです。あの手この手で積み重ねたノウハウを詰め込んでいます。

申し込みフォームはこちら
その他の成長戦略セミナー

介護・看護スタッフ確保術!

新たな法人ブランディング・スタッフ満足モデル

「人材確保難時代の職員採用・育成と定着する職場づくり」

・法人の強みの洗い出し ・口コミの重要性 ・アピールの工夫

「中小規模の事業者でも実践できる職員確保とキャリアアップ策」

・人材の活用で地域に仕掛ける ・明確な法人理念 ・処遇改善加算に頼らないキャリアパス構築
梅澤伸嘉、秋本可愛
このセミナーの詳細を今すぐ見る

2018年の同時改定に向けた通所介護事業所・通所リハビリ施設の準備!

通所機能見直し・評価・差別化への準備

「通所介護の先手必勝の準備」
-活動と参加の本質の理解-

・加算算定を念頭に置いた人員配置 ・「共有」と「共感」が集客の礎 ・ソーシャルワーク訓練で専門性の拡充

「通所リハの先手必勝の準備」
-外来リハ代替としての機能-

・これからのリハビリテーションの展開 ・通所という機能 ・医療機関に求められるには
小室貴之、村井千賀、酒井麻由美
このセミナーの詳細を今すぐ見る

「活動」と「参加」にプラスして求められる介護度の改善

リハ施設の加算算定と高稼働率を実現するシステム

「維持期リハ・通所リハ・老健の収益改善のために今やるべき具体策」

・単価アップの具体策 ・リハビリテーションの質の強化 ・在宅支援強化型、短時間通所リハへの全面移行

「短時間通所リハの効率的・効果的な運営と訪問リハの展開の仕方」

・前回診療報酬改定が外来リハに与えた影響 ・通所の強みと訪問の強み ・短時間通所リハ・訪問リハ運営のコツ
高木綾一
このセミナーの詳細を今すぐ見る
ページトップ ▲