リハビリ・機能訓練・レク・体操の工夫80種実技研修会
参加するメリット

来年度は介護報酬・制度改定が行われ、通所介護の報酬削減(機能訓練をしていない通所介護は減算すべき・・・等)、通所リハの機能明確化が検討されています。今後、介護保険制度は中・重度者(認知症の方を含む)が中心のサービスになることが決まっており、その方向で政策誘導されていきます。中・重度者中心の介護現場では今まで通りの集団体操やマシントレーニングだけではサービスが困難となり、個別での関わりがより重要となります。しかし、利用者の大部分が中・重度者になった場合、PT・OT・STなどのリハ職だけでは十分な機能訓練やトレーニングはできません。地域包括ケア研究会の報告書でも高齢者のリハビリテーションは、リハ職が立てた計画に従い介護職が実施していることを想定しています。すべての介護職は基本的な機能訓練については、ご利用者に提供できるだけの知識と技術を備えておく必要が出てきます。機能訓練、生活期リハビリテーションはリハ職などの専門職だけがするものではなく、ADL・IADL場面・活動・参加などの全ての場面に対して職員・地域住民で関われることが望まれています。現場実践で研鑽を積まれている講師陣から一つでも多くの実践を持ち帰ってください。

講師陣は現場経験豊富な理学療法士、作業療法士、柔道整復師、言語聴覚士、介護福祉士

エビデンスと実践に基づいた指導技術が体験できる

複数の講師陣から様々なアプローチの視点が学べる

ご利用者の在宅生活を意識したプログラムが構築できる

個別機能訓練・短期集中リハ・生活行為向上リハへの応用ができ、生活に定着するコツが分かる

詳細をみる
参加をする
開催概要とプログラム
日 時:

【横浜会場】2017年7月9日(日)10:00~17:00
【大阪会場】2017年8月27日(日)10:00~17:00

場 所:

【横浜会場】ウィリング横浜(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1)
【大阪会場】堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183番地5)

参加費:

13,000円(税・資料代込み)

講 師:

・菅野 陽平氏(株式会社やさしい手機能訓練指導員/柔道整復師)
・松本 健史氏(合同会社松本リハビリ研究所主任研究員/理学療法士)
・浅野 有子氏(医療法人入峰会リハビリ室長/作業療法士)
・宮守 幸子氏(介護福祉士/リハビリケア専門士)
・川原 つくし氏(多機能リハビリセンターありがとう介護福祉士)
・城野 香也子氏(言語聴覚士/介護福祉士)

その他:

各時間帯でご自由に分科会を選択いただけます

詳細をみる
詳細をみる
ページトップ ▲