第15回日本通所ケア研究大会(合同開催)第12回認知症ケア研修会in福山
セミナー

多様な地域連携による包括的ケアで、介護保険サービスの可能性はまだまだ大きく広がります。事業所間での「目標達成」に留まらない働きかけをするためのご利用者を支える仕組みづくりや認知症の方の意欲低下や生活の綻びを改善していく過程について、地域に求めえらる介護事業所・介護従事者の役割を先進事例から学びます。

11月12日(土)

大久保智明
大久保 智明氏
通所リハビリテーション清雅苑 課長補佐
理学療法士
日本訪問リハビリテーション協会 理事
清雅苑が取り組む「リハビリテーション会議の工夫」がご覧いだけます
セミナー(1)

日時:2016年11月12日(土)13:15~15:15  会場:アルセ

リハビリの効果を上げる!短時間通所リハの運営と活動・参加に向けてのプログラムの工夫

課題に優先順位をつけ活動・参加に働きかけるリハビリテーション

漫然としたリハビリテーションではなく、効果を出すための短時間通所リハの運営と制度が求める「活動」と「参加」に向けたリハビリプログラムを提供するための工夫について事例をもとにお伝えいただきます。

<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・ICFの視点 ・評価の実際 ・計画立案の実際 ・アプローチの実際 ・運営のポイント

<ぜひ参加してほしい対象者>

通所リハビリテーションに従事される全ての関係者

参加する
もっと講師を知る
尾﨑大輔
尾﨑 大輔氏
医療法人博愛会
介護老人保健施設ぺあれんと 理学療法士
ぺあれんとが取り組む「生活行為向上リハビリテーション実施加算への対応」がご覧いだけます
セミナー(2)

日時:2016年11月12日(土)16:00~18:00  会場:アルセ

実例から学ぶ!リハビリテーション会議の工夫

他事業所との連携・医師の協力体制を築き効率的なリハビリテーション会議を開催

リハビリテーション会議はバランス良くアプローチするリハビリテーションが提供できているかを継続的に管理することによって、質の高いリハビリテーションの提供を目指しているものです。リハビリテーション会議を行う際の実際の流れや他法人(居宅介護支援事業所など)と行う場合の連携の工夫や会議の始め方とスムーズな導入などの実際の流れ、医師の負担軽減、効率的な開催方法、欠席者への報告、利用者、家族への説明のポイントやリハビリテーション実施加算算定やリハマネ加算Ⅱの算定への取り組みなど実例を通してお伝えいただきます。

<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・リハビリテーション会議の流れ ・他事業所との連携
・効率的にリハビリテーション会議を開催するための工夫
・利用者、家族への説明のポイント ・リハマネ加算Ⅱ算定への取り組み ほか

<ぜひ参加してほしい対象者>

・リハビリテーション会議の開催方法について悩んでいる方
・リハマネ加算Ⅱ算定への取り組みを始めたい方

参加する
もっと講師を知る
山出貴宏
山出 貴宏氏
株式会社NGU 代表取締役
生活維持倶楽部「扉」管理者兼生活相談員
「見える活動」で地域とつなぐ生活相談員の役割と具体策がご覧いだけます
セミナー(3)

日時:2016年11月12日(土)16:00~18:00  会場:アルセ

利用者の潜在能力を引き出し「活動」「参加」を改善する通所介護計画書の立て方
~ニーズの引き出し方から目標の立て方まで~

デイサービスでの活動は「自立」「自律」に繋げるための目的で行われなければなりません。そのためには、根拠に基づく介護技術と認知症ケアによりご利用者の「現有能力」「潜在能力」「意識」を引き出し、ご利用者自らの行動に向けてのアプローチでなければなりません。生活維持倶楽部「扉」で実際に行われている、「ただやってもらう」のではなく「ケア」を落とし込んだ計画書作成までのフローとその過程におけるポイント、いかにご利用者のニーズを引き出して実際の活動・参加へ結び付けているのかを実例を通してお伝えいたします。

ただ「やってもらう」のではなく、「ケア」を落とし込んだ計画書の考え方
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・根拠の重要性 ・介護技術と認知症ケアの関係性、重要性 ・潜在能力と意識 ・「自立」と「自律」
・通所介護計画書の考え方

<ぜひ参加してほしい対象者>

・生活相談員 ・介護職員

参加する
もっと講師を知る
ペホス
ペ ホス氏
アプロクリエイト 代表
介護支援専門員/主任介護支援専門員
介護福祉士
セミナー(4)

日時:2016年11月12日(土)16:00~18:00  会場:アルセ

「認知症」の方の潜在能力を引き出すアプローチ
~相手の能力を左右するパートナーとしてのあり方を整える~

「認知症」の方の持っている力を、うまく引き出せる人は、何を心がけているのか。そして、うまく引き出せない人の限界はどこにあるのか。本セミナーでは、アプローチを編み出すための「観点」を増やしていただきます。ご自身の知識や経験と照らし合わせながら、アプローチの手がかりを手に入れてください。

認知症の方の持っている力を引き出すための「観点」を増す
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・相手の力を「引き出す人」「引き出せない人」 ・「認知症」という条件がわたしたちにもたらすもの
・「認知症」によって奪われる能力発揮の機会 ・3つの「力」からひも解くアプローチ
・存在承認としてのアプローチ

<ぜひ参加してほしい対象者>

・認知症ケアに携わる介護職、看護職、リハビリ職

参加する
もっと講師を知る

11月13日(日)

下村美穂
下村 美穂氏
通所リハビリテーションみなみの風
管理者/作業療法士
生活行為を高めるための効果的なプログラムと実例紹介がご覧いだけます
セミナー(5)

日時:2016年11月13日(日)10:00~12:00  会場:アルセ

通所と訪問リハが混ざると面白い!通所リハと訪問リハの連携だからこそできる活動・参加への工夫

在宅支援を行っている事業所は、通所と訪問の協働や他のサービス事業所間・専門職間の協働を高め、利用者に対して一体的・総合的な居宅サービスを提供することがサービスの効果・効率を高めるために重要です。通所リハビリテーションみなみの風で実際に行われている「生活期リハビリテーションマネジメント」の実際とアプローチ・プログラムの工夫、どのように情報共有を図り連携しているのかを実例を通してをお伝えいたします。

通所の強みと訪問の強みを合わせると在宅生活の可能性が広がる
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・通所、訪問それぞれの強みを知る ・生活行為向上リハビリテーション算定の工夫
・通所・訪問の協業プランの在り方 ・アセスメントからプランニングまでの思考過程
・事例紹介(通所リハ、訪問リハ、併用)

<ぜひ参加してほしい対象者>

・通所リハ、訪問リハに携わる方 ・通所リハの卒業先となる通所介護に携わる方

参加する
もっと講師を知る
梅田典宏
梅田 典宏氏
株式会社ジェネラス 理学療法士
デイサービス暁音 管理者
目標の立て方と実際のプログラムがご覧いだけます
セミナー(6)

日時:2016年11月13日(日)10:00~12:00  会場:アルセ

効果を出すための通所介護計画と個別機能訓練の立て方
~違いと居宅支援計画との関係性~

それぞれの目標の立て方で介護の質・ご利用者の生活の質が大きく変わります。全国の多くのデイサービスで、ケアマネジャーのケアプランをそのまま反映した通所介護計画書が多く存在しています。ケアプランにおける通所利用の目的、位置づけと通所介護計画をどのように立てていけばよいのか、また個別機能訓練計画をどのように立てていけば効果が出せるのか・各計画書の考え方、使い方をお伝えするとともに、それぞれの目標、プログラムの立案方法から評価に関するまでの一連の流れを実例と共にお伝えいたします。

各計画書を事務作業にしない考え方と使い方
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・ケアプランは総合計画 ・通所介護計画書はその事業所の方針
・個別機能訓練計画書は具体的なアプローチ ・それぞれの使い方とは?
・通所サービスの特性を最大限に生かす

<ぜひ参加してほしい対象者>

・計画書を作成する生活相談員、機能訓練指導員、介護職員

参加する
もっと講師を知る
川畑智
川畑 智氏
株式会社Re学 代表取締役/理学療法士
認知症ケア専門士
一般社団法人日本パズル協会 特別顧問
意思疎通が難しい認知症の方とのコミュニケーションがご覧いだけます
セミナー(7)・(10) ※午前・午後ともに同じ内容

日時:2016年11月13日(日)10:00~12:00 / 13:15~15:15  会場:アルセ

認知症の方のBPSDを軽減する正しい評価とアプローチ

認知症の方への関わり方における正しいアプローチの実践とBPSDの発生を軽減するための日々の関わり方について現場で実践されている認知症の症状緩和のプログラムをご紹介いたします。またエビデンスに基づいた評価ツールのご紹介と活用方法、評価方法についてもお伝えいたします。

「どうしよう?」から「こうしよう!」へ評価から見えてくるケアのヒント
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・認知機能スクーリングで早期アプローチ
・4大認知症スクーリングからリハ&ケアを考える
・認知症の重症分類から見る予後・予測
・BPSDの数値化とトリガー分析
・「不安、不満、不信、不穏」の流れを断つプログラム

<ぜひ参加してほしい対象者>

・介護職員、機能訓練指導員、看護職員

参加する
もっと講師を知る
牛尾容子
牛尾 容子氏
介護老人保健施設ゆうゆうの園
作業療法士主任
認知症介護指導者
オレンジ交流会・オレンジ有志の会の活動がご覧いだけます
セミナー(8)

日時:2016年11月13日(日)13:15~15:15  会場:アルセ

認知症に対するリハビリの工夫

認知症の方に対するリハビリについての効果的なポイントを具体的に実例を交えながらご紹介いたします。また実際に行う様々なプログラムの実践方法や考え方など参加された方の現場実践でのヒントとなるように分かりやすく落とし込みます。合わせて、認知症予防の地域への啓発活動や取り組みもお伝えいたします。

認知症の方が行いやすい「環境設定」「成功体験」「やりがい」「楽しみ」の工夫
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・認知症リハビリの目的「何の為に行うのか?」 ・具体的なプログラム例
・それを効果的にして実践するポイント ・他の施設はどのように行っているのか?
・地域をリハビリしていく「地域活動」について(MCI:認知症予防)

<ぜひ参加してほしい対象者>

・認知症の方にどのようなプログラムを提供してよいか不安なリハビリ職、介護職員
・認知症ケアに携わる方ならどなたでも

参加する
もっと講師を知る
髙瀬比左子
髙瀬 比左子氏
未来をつくるkaigoカフェ 代表
介護支援専門員
セミナー(9)

日時:2016年11月13日(日)13:15~15:15  会場:アルセ

ご利用者を支える仕組みづくり
家族支援、相談のポイント、ボランティアの育成と活用

前回の改定を受け、地域包括ケアに向けて通所介護事業所には地域連携拠点としての役割が求められています。地域資源の発掘・活用、地域推進会議・地域ケア会議の活用など地域包括ケアに課せられた課題は多いのが現状です。どのように地域を巻き込み活動を行っていけばよいのか。ケアマネジャーでありながら、未来をつくるkaigoカフェを主宰し介護関係者のみならず多職種を交えたカフェ型の対話の場作りを実践される髙瀬氏に「地域のつながりづくりとしてのカフェ」開催の実例をご提示いただきながら、地域の仕組みづくりについてお話いただきます。

地域とのつながりづくりとしての介護カフェの開催と運営
<参加のポイントとセミナーのキーワード>

・地域との連携のコツ ・資源の活かし方 ・カフェ型のつながり方 ・地域で求められる対話力
・介護の発信力

<ぜひ参加してほしい対象者>

・地域に開かれた事業所づくりを実践したい方、進めたい方

参加する
もっと講師を知る
ページトップ ▲