第15回日本通所ケア研究大会(合同開催)第12回認知症ケア研修会in福山
計画書の立て方で介護サービスの質は大きく変わる
梅田典宏

梅田 典宏

・デイサービス暁音 管理者
・日本理学療法士協会 通所介護施設助言グループ委員
・名古屋市北区介護サービス事業者連絡会 事務局
・愛知県訪問リハビリテーション連絡協議会 代表
・理学療法士

愛知県出身。24時間365日安心できる生活を応援する株式会社ジェネラスに平成15年に入社。訪問リハ、通所介護でのリハ職を担当。昨年の3月より、カフェのような雰囲気のデイサービス暁音の管理者となる。管理者として働く傍ら、医療・介護の知識・技術の向上を目的とした教育や研究を行う部門の担当者として各種研修会などを企画・運営している。また、「介護職・看護職ができる個別機能訓練計画実践プログラム(日総研出版)」の執筆や各種セミナーの講師など幅広く活動している。現在、月刊デイにて「個別機能訓練加算Ⅰ 目標の立て方とプログラム」を好評連載中。

各計画書を立てる時、リハビリを行う際に気をつけていること

リハビリテーションは自らするということ。先の目標にはその人の希望・夢・参加があるということを意識して実践しています。

参加者が主体的に取り組んでもらうために必要なこと

平成27年4月の介護報酬改定において、通所リハと訪問リハの集中的で効果的な併用がすすめられました。通所の強み、訪問の強みをミックスさせることでプランはグーンと広がり、進みます。事例を通して分かりやすくお伝えしたいと思います。

今回の講演の中で一番知っていただきたいポイント

計画書を事務作業ではなく、有効に活用していただきたいということ。

参加される方へのメッセージ

bestを目指してmore betterな選択を!失敗は前向きに対応できれば成長につながる。

参加する
講演内容を知る
成長し続けるための具体策を提言する講師陣

特別講演

1年半後の同時改定に向けた最新情報と新戦略を提言するのはこの5名
宮島俊彦宮島 俊彦氏
江澤和彦江澤 和彦氏
村井千賀村井 千賀氏
小室貴之小室 貴之氏
妹尾弘幸妹尾 弘幸氏

セミナー

実例や経験を基にご利用者を支える体制・仕組みづくりを提言するのはこの9名
大久保智明大久保 智明氏
尾﨑大輔尾崎 大輔氏
山出貴宏山出 貴宏氏
ペ ホスぺ ホス氏
下村美穂下村 美穂氏
梅田典宏梅田 典宏氏
川畑智川畑 智氏
牛尾容子牛尾 容子氏
高瀬比左子高瀬 比左子氏

実技分科会

効果を出すための環境設定やトレーニングを指導してくれるのはこの8名
生野達也生野 達也氏
安藤祐介安藤 祐介氏
清水孝俊清水 孝俊氏
山口健一山口 健一氏
加藤良江加藤 良江氏
野原幹司野原 幹司氏
片山大嗣片山 大嗣氏
川原つくし川原 つくし氏

市民公開講座

日本通所ケア研究大会・福山市市制施行100周年コラボ企画「市民公開講座」はこの5名
高見国生高見 国生氏
伊藤米美伊藤 米美氏
妹尾弘幸妹尾 弘幸氏
前田栄治前田 栄治氏
外岡潤外岡 潤氏
ページトップ ▲