第15回日本通所ケア研究大会(合同開催)第12回認知症ケア研修会in福山
認知機能に対するリハビリテーション
清水孝俊

清水 孝俊

・株式会社脳リハビリネットワーク 代表取締役

秋田県出身。昭和49年に財団法人日本老人福祉財団浜松ゆうゆうの里設立準備室を任される。昭和51年に学校法人聖隷学園法人事務局聖隷介護福祉専門学校事務長を務める。平成2年に社会福祉法人聖隷福祉事業団聖隷コミュニティセンター設立準備室を任される。平成7年にホームヘルパー養成研修を開講。平成14年NPO法人ウェルネスサポート理事長を経て、平成15年株式会社脳リハビリネットワーク代表取締役となり、現在に至る。「認知症にさせない、認知症を進ませない」をモットーに、認知症の検査法「浜松二段階方式」により定期的に脳機能検査を行い、その結果に基づき各ご入居者・ご利用者に合った介護や脳リハを行っている。

今回の講演の中で一番知っていただきたいポイント

人間は生涯、頭を使うようにできています。脳の働きが何らかの原因で、廃用化することで、脳機能が不活発になり、情報伝達が著しく衰え、脳が萎縮していく。これが認知症である。脳が不活発になる前に脳リハをして進行を抑制していきたい。これ以上、中度・重度の認知症を増やさないことが喫緊の課題だと思う。

参加される方へのメッセージ

直ぐに車イスに乗せない→「車イス、脚は折れぬが、気は折れる」
認知症高齢者→「記憶を引き出せないだけで、記憶はしているんです」
認知症検査法→「脳機能検査法を定め、レベルを共有しましょう」

参加する
講演内容を知る
成長し続けるための具体策を提言する講師陣

特別講演

1年半後の同時改定に向けた最新情報と新戦略を提言するのはこの5名
宮島俊彦宮島 俊彦氏
江澤和彦江澤 和彦氏
村井千賀村井 千賀氏
小室貴之小室 貴之氏
妹尾弘幸妹尾 弘幸氏

セミナー

実例や経験を基にご利用者を支える体制・仕組みづくりを提言するのはこの9名
大久保智明大久保 智明氏
尾﨑大輔尾崎 大輔氏
山出貴宏山出 貴宏氏
ペ ホスぺ ホス氏
下村美穂下村 美穂氏
梅田典宏梅田 典宏氏
川畑智川畑 智氏
牛尾容子牛尾 容子氏
高瀬比左子高瀬 比左子氏

実技分科会

効果を出すための環境設定やトレーニングを指導してくれるのはこの8名
生野達也生野 達也氏
安藤祐介安藤 祐介氏
清水孝俊清水 孝俊氏
山口健一山口 健一氏
加藤良江加藤 良江氏
野原幹司野原 幹司氏
片山大嗣片山 大嗣氏
川原つくし川原 つくし氏

市民公開講座

日本通所ケア研究大会・福山市市制施行100周年コラボ企画「市民公開講座」はこの5名
高見国生高見 国生氏
伊藤米美伊藤 米美氏
妹尾弘幸妹尾 弘幸氏
前田栄治前田 栄治氏
外岡潤外岡 潤氏
ページトップ ▲