ありがとうのグループホーム・サ高住を見て聞いていただく2日間!

充実したスタッフ体制で高品質のケアを提供しているありがとうのグループホーム、

サービス付き高齢者住宅のさまざまな工夫をご覧いただきます。

開催概要

【日 程】

2017年10月14日(土)・15日(日)【会 場】

ありがとうグループホーム(広島県福山市春日町浦上1205)
※セミナーは同敷地内の「ありがとうグループ研修室」

【参加費】

35,000円(税・資料代込み)

【定 員】

40名(先着申し込み順)

ありがとうグループホームの特徴

・平成16年開設【2ユニット18名定員(1ユニット9名)】

【入居者の介護度】
・要介護5…6名 ・要介護4…1名 ・要介護3…4名 ・要介護2…4名 ・要介護1…3名

【リスクマネジメント】
・転倒骨折5年間でゼロ!NHK eテレでも放映!!(平成26年7月12日) ・ヒヤリハット報告書の工夫 ・体調不良による入院も少ない

【質の高い職員】
・ほぼ100%正社員(全員有資格者、7割が介護福祉士)

【ターミナルケア】
・独自ツールで充実のシステムを構築(看取りケアマニュアル、看取りケアの質チェックシート、エンゼルケアマニュアル、重症化時説明ツール)

【育成制度が充実】
・約9割が全国レベルの学会発表経験者(認知症介護指導者…1名、実践者研修修了者…10名、法人内学会実施【パートを含む全員が3回以上発表】)

【充実のケア・環境】
・一人ひとりに合わせた環境設定 ・担当制、家族報告書、家族面談 ・環境の工夫(転倒しにくい階段 等) ・認識力低下に対するケア

【定着率バツグン!】
・法人の離職率5%以下を5年以上継続 ・デイ等へ異動後も「グループホームがいい」という希望が多数 ・産休復帰率ほぼ100%

【職員のアイデアで始まった活動・環境】

プログラム&セミナー内容

【10月14日(土)】

10:00

ありがとう集合&施設見学会

(1)グループホーム(2ユニット)(2) グループホーム庭
12:30

昼休憩(食事はこちらでご用意します)

13:30
セミナー1

施設概要とスタッフ配置

木造2階建ての1階部分がグループホームです。各種加算はほぼすべて算定。共用デイも実施(平成29年6月より)。リハビリガーデンの工夫や日々の職員配置の工夫をお伝えします。

セミナー2

グループホームの活動 ~ 1日・1週間・1ヶ月・1年間 ~

本人(入居者)・家族と行く1泊2日の旅行、お月見会、ゆかた祭り、ちびっこ集まれなど、充実の年間行事のほか、毎日行う下肢機能低下防止訓練、地域住民と行う避難訓練、救急処置勉強会、毎月の防災チェックなど、グループホームでの各種活動をご紹介します。

セミナー3

グループホームの環境の工夫

桐の無垢材の床、竹の無垢材の更衣室、珪藻土の壁、高さ56~70cmのさまざまな高さのテーブル、居室入口の飾り棚、低い位置の掲示板、やや高めのコンセントなど、環境の工夫をお伝えします。認知症高齢者は転倒発生率が高く、グループホームでは、「豊かな活動と転倒予防」をいかに両立させるかが課題となります。NHK eテレでも放映された転倒予防活動のあれこれを、わかりやすく紹介します。

15:45

休憩

セミナー4

ADLケアの工夫

食事の混ぜ重ね現象・移送障害・嚥下障害・便秘・脱水・排泄・入浴・整容・移動・コミュニケーション・睡眠など、認知症の人によく見られる各種症状に対する工夫について事例を踏まえて紹介します。

セミナー5

スタッフマネジメント

ほぼ全員が正社員。グループホーム経験年数は平均2.6年ながら、9割以上が全国大会・学会での発表経験者です。また、夜勤は全員で均等に実施し、基本的に入社2ヶ月目から独り立ちして夜勤をします。離職率は5年以上連続して5%以下。各種福利厚生やモチベーションアップのシステムなど、やる気あふれる職員の育て方を伝授します。

17:20

グループワーク

18:10

見学施設についての質疑応答

見学施設の管理者に直接、質疑応答ができます
18:30

終了

19:00

交流会

※交流会費は別途実費徴収いたします

【10月15日(日)】

10:00

ありがとう集合&施設見学会

(1)サ高住 グラシアス・アネックス (2)サ高住 リハビリハウス (3)リハビリショート
12:00

昼休憩(グループワーク)

13:00
セミナー6

家族連携・家族支援

利用者担当制、人生充実目標、全家族との個別面談、毎月の報告書、家族の面会を増やす工夫など、家族との上手な付き合い方の工夫をお伝えします。

セミナー7

運営推進会議・地域拠点活動の工夫

市役所、民生委員、消防署、派出所、地域の方々との協力で実施している運営推進会議の、スライドショーによる説明や意見交換の工夫をお伝えするとともに、認知症カフェ・認知症サポーター養成講座などの地域拠点活動について報告します。

セミナー8

リスクマネジメント

グループホームでは、転倒のほか、行方不明、暴言・暴力、誤薬、異食など、さまざまなリスクがあります。毎年、怪我や体調不良による入院がほぼゼロの当グループホームのリスクマネジメントについてお伝えします。

14:50

休憩

セミナー9

書類・記録・情報共有の工夫

早出・日勤・夜勤とさまざまな勤務体系のあるグループホームでいかに情報共有を図るかは多くのグループホームでの悩みです。また、他のグループホームでどのような書類様式を使っているかも、参加者の皆さんは気になるところでしょう。今回の施設見学会では、情報共有の工夫についてお伝えするとともに、実際の介護記録をドーンとお見せします。

セミナー10

グループホームでのターミナルケア

小規模のグループホームならではのターミナルケアにはさまざまな良さがありますが、同時に、職員のストレス対策や医療連携などの悩みも多く出てきます。 「ターミナルケアマニュアル」「看取りのケアの質の評価表」「エンゼルケアマニュアル」など、独自の工夫を一挙にお伝えします。

16:15

見学施設についての質疑応答

見学施設の管理者に直接、質疑応答ができます
16:45.

終了

見学施設の紹介と見どころ

秋谷知

グループホーム

ご利用者にとって安心して暮らせる場所となるように地域の方々やご家族のご協力をいただいて、日々の生活をお手伝いしています。目の前に広がる庭園で季節を感じ、心豊かな毎日を送っていただけるように支援しています。

【特徴】

床には「桐材」を使用。膝への負担が少なく、滑りにくく、温かい素材がご利用者の健康を守ります。また、壁材の珪藻土は結露を防ぎ、カビ・ダニの発生を抑え、気になる臭いを吸収します。

秋谷知

グラシアス・アネックス

高齢者数当たりの戸数が全国平均の倍以上とサ高住超過密地域の福山市。 開設3ヶ月で満室、以後3年ずっとほぼ満室をキープ。 リビングカフェ、毎月のプチマルシェ等の活動も盛ん。 工夫満載の高品質木造建物です。

【特徴】

激戦区の福山市で開設3ヶ月で満室!

以後ほぼ満室をキープし続けているサ高住です ! 見た目だけではなく足腰にも優しい木造住宅。居室換気口、室内物干し、高さ調整可能な棚、掲示用ボードなど、暮らしやすさの工夫もいっぱいです。

秋谷知

リハビリハウス&リハビリショート

【リハビリハウス】
宅復帰へのリハビリに注力したサ高住。 トレーニングルーム、自主トレ機器の設置、リハ専門職、リハビリケア専門士等による層別訓練提供システム等を実施しています。
【リハビリショート】
「よくなるショートステイ」 。託児所を挟む2ユニットのユニット型個室ショート。サーキットトレーニング、自主トレ機器の配備、自主集団体操タイム等で活動量を増やし入所前より良くなるショートステイを目指しています。

【特徴】

2017年7月NEWオープン

リハビリができるサ高住として7月にオープンしました。日常の中に自主訓練をして生活機能を維持・改善し「ご本人の豊かな生活」「自宅復帰」を目指していきます。

会場アクセス

ありがとうグループホーム

〒721-0902 広島県福山市春日町浦上1205

・JR東福山駅より車で約10分

・山陽自動車道「福山東IC」より車で約10分

各種書類の展示・閲覧

(1)開設以来、毎年参加している各種学会などでの発表用スライド資料一挙公開

(2)ありがとう通信

(3)各種介護記録(介護計画、評価用紙、ヒヤリハット用紙など)

(4)入居者向け配布資料

(5)グループホーム勉強会資料

(6)ターミナルケアマニュアル

(7)エンゼルケアマニュアル

(8)重症化時の介護方針

(9)看取りケアの質の評価表

(10)その他

ページトップ ▲

ありがとうグループホーム見学会&運営セミナー

ありがとうのグル―ホーム&サ高住を見て聞いて学んでいただく2日間

【会場】

ありがとうグループホーム(広島県福山市春日町浦上1205)

【主催】

日本通所ケア研究会
福山認知症ケア研究会

【セミナーに関するお問い合せ】

〒721-0902

広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内

TEL:084-971-6686/FAX:084-948-0641

メール:info@tsuusho.com

【テーマ】

ありがとうグループの工夫を自施設・自事業所の運営に活かす