ご利用者の心と身体を動かすレクの実践法と現場ケア活性のヒントを持ち帰っていただきます。

  • 福岡会場
  • 横浜会場
  • 大阪会場
福岡会場開催概要

【福岡会場】

<日時>

2012年6月2日(土) 10:00〜17:00

<会場>

クローバープラザ(福岡県春日市原町3-1-7)

<参加費>

10,000円(税・資料代込み)

<講師>

奥田祐子氏(NPO法人ひろしまレクリエーション協会 理事)
高見博子氏(ふれあい研究所 所長/レクリエーションコーディネーター)
尾渡順子氏(興寿会 認知症介護レクリエーション実践研究センター 所長代理)
宮守幸子氏(多機能リハビリセンターありがとう 介護福祉士)

<備考>

・参加費の納付をもって正式な申し込みとなります。
・プログラムはあらかじめ選択できません。当日の着席順となります。
・1つの会場へ参加者が集中した場合は、立見となる場合がございます。
・材料費が別途必要となる場合は、参加証に明記いたします。
・参加特典につきましては、当日の受付でお渡しいたします。

<参加しどころ>

昨年の福岡会場で参加者の満足度が高かった奥田氏と高見氏。
今大会では、平成24年度の制度改正・報酬改定でより求められる「認知症の方への対応」と「生活行為の維持・改善」をいかにレクリエーションを通して実践していくのか、多彩な実技を交えて実践していただきます。
また、ケアワーカーとして実際に現場でレクを提供する宮守氏と尾渡氏には、プログラムの中でよく目にするレク場面でいかにご利用者の心を動かすのかというアイデアと実践方法にも注目していただきたい。
全国各地の現場スタッフとのネットワークの輪を持つ尾渡氏の「笑わせてなんぼのレク」は今大会唯一3会場で体験いただけます!

横浜会場開催概要

【横浜会場】

<日時>

2012年6月24日(日) 10:00〜17:00

<会場>

ウィリング横浜(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1)

<参加費>

10,000円(税・資料代込み)

<講師>

山崎律子氏(株式会社余暇問題研究所 代表取締役)
尾渡順子氏(興寿会 認知症介護レクリエーション実践研究センター 所長代理)
川鰭淳子氏(医療法人社団登豊会仙寿なごみ野 統括部長)
森木勇一郎氏(介護老人保健施設都筑シニアセンター 作業療法士)

<備考>

・参加費の納付をもって正式な申し込みとなります。
・プログラムはあらかじめ選択できません。当日の着席順となります。
・1つの会場へ参加者が集中した場合は、立見となる場合がございます。
・材料費が別途必要となる場合は、参加証に明記いたします。
・参加特典につきましては、当日の受付でお渡しいたします。

<参加しどころ>

高齢者介護支援のレクリエーション指導分野で日本一の実績を誇る株式会社余暇問題研究所の山崎氏をはじめ、現場での実践を執筆されている川鰭氏、森木氏、尾渡氏が横浜会場でレクを大公開。
わかりやすいと人気の山崎氏は今大会でも、現場ですぐに使えるレクを活動として参加者の皆さまと楽しみながら参加体験型で行います。
また、「爆笑爆笑レクプログラム」(日総研出版)を執筆されているデイサービスセンターちかいしで15年間勤務された川鰭氏は積み重ねてこられた経験を基にレクから広がるケアへの効果と応用の実践を、森木氏は作業療法士の視点から理学療法士、ケアワーカーとつくるレクを生活リハビリにつながる参加継続への動機づけとして紹介・実践していただきます。
全国各地の現場スタッフとのネットワークの輪を持つ尾渡氏の「笑わせてなんぼのレク」は今大会唯一3会場で体験いただけます!

大阪会場開催概要

【大阪会場】

<日時>

2012年7月28日(土) 10:00〜17:00

<会場>

アルフィック大阪(大阪府大阪市浪速区戎本町1-8-20)

<参加費>

10,000円(税・資料代込み)

<講師>

奥田祐子氏(NPO法人ひろしまレクリエーション協会 理事)
高見博子氏(ふれあい研究所 所長/レクリエーションコーディネーター)
尾渡順子氏(興寿会 認知症介護レクリエーション実践研究センター 所長代理)
森木勇一郎氏(介護老人保健施設都筑シニアセンター 作業療法士)

<備考>

・参加費の納付を持って正式な申し込みとなります。
・プログラムはあらかじめ選択できません。当日の着席順となります。
・1つの会場へ参加者が集中した場合は、立見となる場合がございます。
・材料費が別途必要となる場合は、参加証に明記いたします。
・参加特典につきましては、当日の受付でお渡しいたします。

<参加しどころ>

2012年最後のレク大会となる大阪会場は「福岡会場」「横浜会場」で講師を務めた講師陣が、両会場のアンケートをもとに内容を精査。福岡会場・横浜会場で参加できなかった分科会もぜひ、この大阪会場で!
今大会では、平成24年度の制度改正・報酬改定でより求められる「認知症の方への対応」と「生活行為の維持・改善」をテーマにした内容を、いかにレクリエーションを通して実践していくのかというポイントをとおして実践していただきます。
また、ケアワーカーとして実際に現場でレクを提供する森木氏と尾渡氏には、ご利用者が過ごす1日のプログラムで日ごろよく目にするケースでいかにご利用者の心を動かしていくのかという実践にも注目していただきたい。
森木氏は作業療法士の視点から理学療法士、ケアワーカーとつくるレクを生活リハビリにつながる参加継続への動機づけとして紹介・実践していただきます。
全国各地の現場スタッフとのネットワークの輪を持つ尾渡氏の「笑わせてなんぼのレク」は今大会唯一3会場で体験いただけます!